スポーツ

侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(8)「低反発球に慣れてきた余裕」

 今大会、最も静かに、しかし最も強い思いを持っている選手の一人が村田修一(32)ではないだろうか。前回大会は重圧がかかる初戦から2試合連続で本塁打を放つなど、7試合に出場して25打数で8安打。

「飛ばないボール」を飛ばして打線を牽引しながら、第2ラウンド最終戦の走塁で右太腿を痛めて途中退場となった。

 準決勝、決勝を前に無念の帰国を余儀なくされ、ドジャースタジアムでの歓喜の輪に加わることができなかったのだ。

 今大会、当時の悔しさを晴らそうという男・村田の闘志は想像にかたくない。

「状態は早く仕上がっていると思う」

 と順調に自主トレを終えたことを強調するのも、その表れだろう。

 また、前回とは違ってレギュラーシーズンで統一球が採用されていることは、村田の気持ちに余裕を生んでいる。

「前回は高反発球から低反発球だったけど、今回は低反発から低反発。それを考えると余裕が出る」

 WBC公式球にも不安を見せない右の主砲が再び米国で爆発する姿を見たい。

 もちろん、前号でも触れた「88年世代」の2人も闘志を燃やしている。

 3番を期待される坂本勇人(24)は、守備でも貢献したいと話すのだ。

「いつ何が起こるかわからない。(ショート以外の)他のポジションは簡単ではないけど、自分にできることはできる範囲でしっかりやっておきたい」

 チームのためならという侍の一員としての自覚を持ち始めている。宮崎キャンプでは、WBC公式球対策も含めて、重点的に守備練習に時間を割くつもりだ。

 そして澤村拓一(24)は、一軍合同自主トレから早くも捕手を座らせて投球練習。WBC公式球でスライダー、シュートも交えて力のあるボールを投げ込んだ。

「いいバランスで投げられている」

 と、過去最高の仕上がりぶりを口にしている。代表に残れば新風を吹き込みそうだ。

 盟主・巨人の主力メンバーを中心に、他球団からも実力と経験がある猛者が大集結。

 昨季のパ・リーグ首位打者のロッテ・角中勝也(25)、パ・リーグ盗塁王の楽天・聖澤諒(27)にも意気込みを聞いたが、

「すごいメンバーなので、代表に残れるかどうかはわからない」

 と口をそろえるほど、高いレベルでの最終メンバー選考が待っている。

 キャプテン阿部は、

「このユニホームは、選ばれた人しか着られない。そういう思いをたくさん詰めながら、頑張りたいと思っている」

 と、決意を語った。

 3連覇という、これまでで最も大きな重圧を背負いながら、国内組だけでの意地をかけた戦いになる第3回WBC。

 2月15日に宮崎で始まる強化合宿から、3月19日の決勝まで目が離せない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変