芸能

「イジメ芸風で炎上続き」キンコン梶原の動画に「めちゃイケの劣化版だ」の声!

 YouTuberの“カジサック”として活動する、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太が集中砲火を浴びている。

 2月2日のホリエモン万博では評論家の宇野常寛氏をイジメ同然にイジりまくり、宇野氏から「お前には軽蔑しか感じない」と吐き捨てられた。そして4日には後輩芸人・ヤスタケのスニーカーコレクションを粗末に扱い、これまたイジメ同然の笑いだと炎上したばかりだ。さらには1月18日に、サンシャイン池崎が両親にプレゼントした家を“公衆トイレ”呼ばわりしていた件も蒸し返され、もはや梶原と「イジメ」という単語はセットになりつつある。そんな梶原が日々送り出しているYouTube動画について、こんな批判が今、浮上しているという。

「これまで130本以上の動画を公開している梶原ですが、その内容が昨年3月まで放送されていた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の焼き直しだと指摘されているんです。彼の動画には芸人仲間との対談が多いのですが、他人の力を借りてコンテンツを作るという手法は、めちゃイケで岡村隆史がEXILEやSMAPらとコラボしていた『岡村オファーがきましたシリーズ』を彷彿させます。ただ、岡村のほうは難しいダンスをマスターしたり、マラソンやボクシングに挑戦するなど身を削っていましたが、梶原のほうは何の努力もなくお手軽にコラボ動画を作っており、岡村と比べるのは何とも失礼な話かもしれません。他にも、梶原の妻が『嫁サック』として登場する『嫁にサプライズパーティー』は、『めちゃイケ』での加藤浩次の自宅でパーティーする企画を思い起こさせますし、梶原が家事にトライする『丸1日ママになってみました』からは大掃除企画『処分していいとも!』のテイストを感じます。他の動画もほとんどが、バラエティ番組のコーナーを再現しているようなもので、YouTuberとしてのオリジナリティに欠けることは明らかです」(芸能記者)

 そんな“パクリまがい”の動画を上げ続けるカジサックだが、どうしても「めちゃイケ」のテイストを再現できていない分野もあるという。芸能記者が続ける。

「普段の芸風からしてそうですが、梶原は安全なところから相手を挑発するのがやり口で、それが“イジメ”まがいだと指摘されています。それに対して『めちゃイケ』では、出演者自身も痛い目に遭うという体の張り具合を見せていました。16年9月放送の20周年SPでは、梶原がドランクドラゴン・鈴木拓の父親が経営する居酒屋を巡り、『ここのお父さんがクズなんですよ』と暴言。すると激高した鈴木は『おめえの親もクズだろうがよ!何かいろいろ事件あったじゃねえか!』と返す場面がありました。梶原は12年5月に母親の生活保護不正受給疑惑で謝罪会見を行っており、その“黒歴史”を蒸し返されたことで、二人は取っ組み合いのケンカになりました。そんな修羅場をYouTubeでも再現すれば世間の評価も変わるかもしれませんが、カジサックは『めちゃイケ』で言えばプロデューサーと放送作家、そしてナインティナインの役割を兼ねているようなもの。自分をダシにした動画など期待できそうにもありません」

 どうやらカジサックのYouTubeチャンネルでは今後も、『劣化版のめちゃイケ』を見せ続けられることになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂上忍、「バイキング終了」とともに「“芸能界引退”を決意」している!?
2
重本ことりの「肉体の友」だった? AAA浦田直也、逮捕で“あの疑惑”の対象に!
3
土田晃之、ドヤ顔「日本サッカーを作ったのはセルジオ越後」に大ブーイング
4
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(1)妊活中の2人の様子
5
寝坊した日も愛し合ってた!? TBS古谷有美の熱愛報道にファンが「勝手な憶測」