社会

農水省が激怒した中国の「ブランド和牛」泥棒“闇”ビジネス(2)ハンバーグ190億食に相当

 オランダの金融機関の試算によると、急増している中国の牛肉消費量は25年までに、年間220万トンに達するという。これは、ハンバーグ190億食分に相当する量だという‥‥。

 空前の牛肉ブームの中、“裏ルート”で中国の都市部に大量流入し、消費されている和牛肉だが、その生産量は年間約50万トン。農家の後継者不足などの問題もあり、今後はさらなる減少も想定されている。つまり、需要が供給を大きく上回り、「日本産の和牛を食べたくても食べられない」という品薄化が進む可能性が高いのだ。

 結果、こうした事態を見越した中国の犯罪集団は、従来の密輸に代わる仰天手法でブランド和牛の強奪、量産化を企てていた。

「日本の農産物のコピーを作るんですよ。すでに中国では、山梨県などで生産されている高級ブドウ『シャインマスカット』が無断で栽培されている。それと同じで、日本産の和牛の精子と受精卵を盗み出し、中国に“コピー牧場”を作って、自国での大規模生産をもくろんでいるんです」(農水省関係者)

 ブランド和牛流出工作事件の発覚は、昨年7月に遡る。自称大阪府在住の日本人男性が、高さ約40センチほどのガスボンベのような形状をした特殊な冷蔵容器に入った和牛の受精卵数百個とストロー状の容器に入った精液を、大阪港から持ち出したのだ。この一件は上海港の税関で発見されたため、流出は未遂に終わっている。農水省の聴取に対して、この男性は「知人に頼まれた」などと説明したという。

「同じような事件は頻発しているんだ。昨年12月にも、福岡空港から上海行きの飛行機に乗った中国人の男が和牛の受精卵と精子を持ち出そうとして、保安検査で見つかって、その場で没収されたって。でも捕まるわけでもなく、厳重注意で終わるんだ。その男が保管されてた精子を盗んで持ってきたかどうかなんて、わかりゃしないからな」(ヤクザ幹部)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合