芸能

振り返る「平成元年」の芸能界(5)横山やすし、みずからたどった「転落の道」

 派遣型マッサージ店女性従業員への性的暴行の疑いで逮捕された、俳優・新井浩文。事件発覚後、所属事務所から契約解除された。

「一部容疑を否認しているところもあり、今後については不確定ですが、すでに撮影済みだった映画やドラマの公開、放映中止などの損害は大きすぎる。俳優活動を再開させるのは限りなく難しく、事実上の業界追放になると見ていいでしょう」(芸能プロ関係者)

 名バイプレーヤーとして、数々の名作を残すことが期待されていた貴重な才能を失うことになり残念で仕方がないが、「平成元年」にも、有り余る才能がありながらその芸能人生をみずから無きものとしてしまった男がいた。

 平成元(1989)年4月17日午後2時、吉本興業では緊急会議が招集され、その2時間前に起きていた、横山やすしの交通事故への対応についての話し合いが行われていた。

 やすしが運転する車が大阪市淀川区の交差点でミニバイクと接触し、バイクに乗っていた男性が10日間のケガを負った。横山は、酒気帯び運転の基準値の2倍ものアルコールが検出されていた。

「やすしは、それまでにも何度も酒と暴力で不祥事を起こしていました。前年には、息子の木村一八が、その父の人生をなぞるかのようにタクシー運転手を暴行。脳挫傷の大ケガをさせて少年院送りになり、やすしも謹慎処分を受けていました。平成元年3月に処分が解かれ、『生まれ変わった横山を見てください!』と泣いて大見得を切ったばかりの事故だったのです」(関西お笑い関係者)

 さすがに吉本興業もかばいきれず、やすしの契約解除を決定。吉本の影響力を考えると、これは“業界追放”を意味していた。

 平成4(1992)年には参院選に出馬するなど(落選)、その後もやすしの言動が世間を騒がせることはあったが、もはや世間が彼を見る眼差しに温かさが戻ることはなかった。同年8月には謎の暴行事件で脳挫傷の重傷を負い、3年ものリハビリ生活を送ることとなった。

 そして平成8(1996)年1月21日、51年の波乱の生涯を終える。死因は、アルコール性肝硬変。没後、追悼番組は軒並み高視聴率となり、やすきよ漫才が再評価されることになったのだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)