芸能

振り返る「平成元年」の芸能界(5)横山やすし、みずからたどった「転落の道」

 派遣型マッサージ店女性従業員への性的暴行の疑いで逮捕された、俳優・新井浩文。事件発覚後、所属事務所から契約解除された。

「一部容疑を否認しているところもあり、今後については不確定ですが、すでに撮影済みだった映画やドラマの公開、放映中止などの損害は大きすぎる。俳優活動を再開させるのは限りなく難しく、事実上の業界追放になると見ていいでしょう」(芸能プロ関係者)

 名バイプレーヤーとして、数々の名作を残すことが期待されていた貴重な才能を失うことになり残念で仕方がないが、「平成元年」にも、有り余る才能がありながらその芸能人生をみずから無きものとしてしまった男がいた。

 平成元(1989)年4月17日午後2時、吉本興業では緊急会議が招集され、その2時間前に起きていた、横山やすしの交通事故への対応についての話し合いが行われていた。

 やすしが運転する車が大阪市淀川区の交差点でミニバイクと接触し、バイクに乗っていた男性が10日間のケガを負った。横山は、酒気帯び運転の基準値の2倍ものアルコールが検出されていた。

「やすしは、それまでにも何度も酒と暴力で不祥事を起こしていました。前年には、息子の木村一八が、その父の人生をなぞるかのようにタクシー運転手を暴行。脳挫傷の大ケガをさせて少年院送りになり、やすしも謹慎処分を受けていました。平成元年3月に処分が解かれ、『生まれ変わった横山を見てください!』と泣いて大見得を切ったばかりの事故だったのです」(関西お笑い関係者)

 さすがに吉本興業もかばいきれず、やすしの契約解除を決定。吉本の影響力を考えると、これは“業界追放”を意味していた。

 平成4(1992)年には参院選に出馬するなど(落選)、その後もやすしの言動が世間を騒がせることはあったが、もはや世間が彼を見る眼差しに温かさが戻ることはなかった。同年8月には謎の暴行事件で脳挫傷の重傷を負い、3年ものリハビリ生活を送ることとなった。

 そして平成8(1996)年1月21日、51年の波乱の生涯を終える。死因は、アルコール性肝硬変。没後、追悼番組は軒並み高視聴率となり、やすきよ漫才が再評価されることになったのだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃