社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「インフルエンザなどの予防にマスクは必須か。飛沫だけでなく接触感染のウイルス予防も大切」

 冬になると、街行く人のマスク着用が目立ちます。神戸で新型インフルエンザが流行した際には、電車の乗客ほぼ全員がマスクを着用していましたし、不特定多数の乗客を乗せるタクシー運転手も、マナーとして多くの人がマスクをつけています。

 10年ほど前、フランスでインフルエンザにかかった家族を「マスク着用・非着用」に分けたところ、両者に大きな差はなかったとの報告がありました。

 ただ、こうした実験結果が完璧に正しいとは言い切れません。なぜなら、過去にインフルエンザにかかった人は免疫ができており、インフルエンザウイルスが体内に入っても発症しにくいためです。また「人が集まるところで仕事をしているが、生まれてからインフルエンザにかかったことがない」と豪語する人もいるように「免疫がある人」も、マレですが存在するからです。こうした結果を踏まえて質問です。マスク予防に効果はあるか否か、どちらでしょうか?

 実は、マスクは完全なウイルス予防のフィルターとは言えません。インフルエンザウイルスのように細かく小さなウイルスはマスクを素通りしてしまいます。病院に勤務する人の多くがマスクをしながらも、インフルエンザの予防接種をしているのも、マスクでは完璧に防げない、とわかっているためです。

 つまり、インフルエンザは「完璧に予防する手だてがない」わけです。

 ただ、マスクをすることでウイルス感染の確率が減るのも事実です。インフルエンザに限らず、風疹や麻疹、ノロウイルス、RSウイルスなど、飛沫感染する各種ウイルスも、ある程度はマスク着用でシャットアウトできます。

 また、マスクには自分の吐いた息による保湿効果があります。インフルエンザウイルスは湿度が60%以上になると死滅するため、マスク着用による保湿効果は非常に意味があります。家族がインフルエンザにかかった場合、部屋で加湿器を使うのが効果的ですが、それと同様の効果をマスクがもたらしてくれます。

 ちなみに、せきやくしゃみなどによって飛沫する唾液(5マイクロメートル以上)に含まれるウイルスは1メートル前後しか飛び散らないので、ウイルス感染した人の家族にはマスク着用の効果が見込めます。ただ、インフルエンザウイルス自体は0.1マイクロメートルほどなのでマスクで完全に防ぐことは難しいです。こうした点を踏まえると「感染確率を小さくする」ため、マスク着用は「一定の効果がある」と言えます。

 マスク着用と同じぐらい予防効果があるのが「手洗い」です。ドアノブやインターホン、エレベーターのボタンなど、人の手から手へ接触感染するのもインフルエンザの特徴です。入念に20秒ほど洗い流す手洗いには効果があり、各種の実験でも「マスク+手洗いでは効果が高まる」という報告がいくつかみられます。

 つまり、マスク着用に加え、入念な手洗いをすることで、より予防できると言えます。

 高齢者ホームで集団感染して死亡するニュースを耳にするように、高齢者ほどインフルエンザにかかると重症化するので、予防も厳重にしてください。慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、糖尿病などの代謝性疾患、肝機能障害などの症状を持つ人、ステロイド内服などによる免疫機能不全も同様です。

 こうした症状を持つ方は、寝る際にマスク着用に加えて、入浴後に体を拭いたバスタオルを枕元に置いて寝ると、保湿効果による予防も見込めますので、気になる人は、ぜひとも試してください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
4
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
5
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!