芸能

振り返る「平成元年」の芸能界(9)“不世出の歌姫”美空ひばりの壮絶なる最期

 戦後の日本を照らしてきた“昭和の歌姫”美空ひばりが、52歳でこの世を去ったのが平成元年だった。

 デビューして以来、約500曲ものオリジナルソングをレコーディングし、その多くが名曲として語り継がれ、聴き継がれていることは、もはや説明の必要はないだろう。

 しかし、昭和60年5月に自身の誕生日記念ゴルフコンペで腰を悪くしたのをきっかけに、次々と病魔に襲われることになる。62年には、全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院。「突発性大腿骨頭壊死症、慢性肝炎」と発表され、そのまま3カ月もの入院生活に入った。

「様々なトラブルで世間を騒がせながらも、家族の絆を第一に決して見放すことのなかった実弟2人の相次ぐ死もあり、酒量が増えていったことで様々な病気を呼び込んでしまったと言えるでしょう」(音楽関係者)

 50歳の誕生日をベッドの上で迎えることになったが、年末には復帰を果たし、63年4月には完成直後の東京ドームで復活公演を成功させる。その姿は「不死鳥」と呼ばれ、歌姫伝説に新たな1ページを加えることとなった。しかし、その後、入退院を繰り返すようになってしまう。

 平成元年、当時17歳だった息子の加藤和也氏がプロデューサーとして携わった、4月の横浜アリーナ公演には「はってでも舞台に出たい」と言っていたが、これも叶うことはなく6月24日に帰らぬ人となり、日本中が悲しみに包まれた。

 あれから30年、平成の時代に美空ひばりに匹敵する“歌姫”が誕生したかというと…。今の音楽界、歌謡界、そして歌姫ともてはやされるアーティストたちを、彼女は天国からどう見ているのだろうか。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!
5
青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?