芸能

振り返る「平成元年」の芸能界(9)“不世出の歌姫”美空ひばりの壮絶なる最期

 戦後の日本を照らしてきた“昭和の歌姫”美空ひばりが、52歳でこの世を去ったのが平成元年だった。

 デビューして以来、約500曲ものオリジナルソングをレコーディングし、その多くが名曲として語り継がれ、聴き継がれていることは、もはや説明の必要はないだろう。

 しかし、昭和60年5月に自身の誕生日記念ゴルフコンペで腰を悪くしたのをきっかけに、次々と病魔に襲われることになる。62年には、全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院。「突発性大腿骨頭壊死症、慢性肝炎」と発表され、そのまま3カ月もの入院生活に入った。

「様々なトラブルで世間を騒がせながらも、家族の絆を第一に決して見放すことのなかった実弟2人の相次ぐ死もあり、酒量が増えていったことで様々な病気を呼び込んでしまったと言えるでしょう」(音楽関係者)

 50歳の誕生日をベッドの上で迎えることになったが、年末には復帰を果たし、63年4月には完成直後の東京ドームで復活公演を成功させる。その姿は「不死鳥」と呼ばれ、歌姫伝説に新たな1ページを加えることとなった。しかし、その後、入退院を繰り返すようになってしまう。

 平成元年、当時17歳だった息子の加藤和也氏がプロデューサーとして携わった、4月の横浜アリーナ公演には「はってでも舞台に出たい」と言っていたが、これも叶うことはなく6月24日に帰らぬ人となり、日本中が悲しみに包まれた。

 あれから30年、平成の時代に美空ひばりに匹敵する“歌姫”が誕生したかというと…。今の音楽界、歌謡界、そして歌姫ともてはやされるアーティストたちを、彼女は天国からどう見ているのだろうか。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?