芸能

「QUEEN」が苦戦!原因は竹内結子ではなくタイトルと放送時間だった?

 竹内結子の6年ぶり地上波連続ドラマ主演となる「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)が苦戦している。初回こそ9.3%と2ケタに手が届きそうな数字だったものの、第2話では5.8%と自己最低視聴率を記録。その後は6.4%から7.3%の間をさまよい、去る2月21日放送の第7話は6.2%と、また落ち込んできた。

 Perfumeの一連の作品や星野源の大ヒット曲「恋」などのミュージックビデオを手がける、日本を代表する映像クリエイターの関和亮監督が演出を担当。さらに芸人としてだけでなく脚本家としても活躍し、第36回向田邦子賞を受賞までしたバカリズムがキャラクター監修しているため、視聴者の期待値が高くなりすぎていたのかもしれない。

「ドラマ自体はよくできており、主演の竹内だけでなく水川あさみ、斉藤由貴、中川大志ら共演者も好演しています。他局のドラマ制作スタッフからは『タイトルに“弁護士”を入れずに“スピン・ドクター”や“トラブルシューター”と入れていれば高視聴率が獲れたのでは。“弁護士”とタイトルに入れてしまったことで視聴者に誤解を与えてしまったのではないか』『これが深夜ドラマだったら確実にウケていただろう』『竹内が低視聴率女優の汚名を着せられるのはかわいそう』などと指摘されているのだとか」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも、カメラワークや照明にこだわった今作の映像に対し「どの場面も薄暗くてよく見えない」「凝った映像なのはわかるけど内容が頭に入ってこない」といった声や、バカリズム監修のキャラクターに「竹内の作りこまれたキャラがドタバタしすぎ」「竹内、斎藤、中川のキャラ設定が深夜ドラマ向き」などの指摘もある。意欲的な手法を多用していることは間違いなさそうなだけに、これからの巻き返しに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
3
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
4
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)
5
石田ゆり子が“大開脚秘部見え写真”を公開!こんなに大胆でいいの!?