芸能

「QUEEN」が苦戦!原因は竹内結子ではなくタイトルと放送時間だった?

 竹内結子の6年ぶり地上波連続ドラマ主演となる「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)が苦戦している。初回こそ9.3%と2ケタに手が届きそうな数字だったものの、第2話では5.8%と自己最低視聴率を記録。その後は6.4%から7.3%の間をさまよい、去る2月21日放送の第7話は6.2%と、また落ち込んできた。

 Perfumeの一連の作品や星野源の大ヒット曲「恋」などのミュージックビデオを手がける、日本を代表する映像クリエイターの関和亮監督が演出を担当。さらに芸人としてだけでなく脚本家としても活躍し、第36回向田邦子賞を受賞までしたバカリズムがキャラクター監修しているため、視聴者の期待値が高くなりすぎていたのかもしれない。

「ドラマ自体はよくできており、主演の竹内だけでなく水川あさみ、斉藤由貴、中川大志ら共演者も好演しています。他局のドラマ制作スタッフからは『タイトルに“弁護士”を入れずに“スピン・ドクター”や“トラブルシューター”と入れていれば高視聴率が獲れたのでは。“弁護士”とタイトルに入れてしまったことで視聴者に誤解を与えてしまったのではないか』『これが深夜ドラマだったら確実にウケていただろう』『竹内が低視聴率女優の汚名を着せられるのはかわいそう』などと指摘されているのだとか」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも、カメラワークや照明にこだわった今作の映像に対し「どの場面も薄暗くてよく見えない」「凝った映像なのはわかるけど内容が頭に入ってこない」といった声や、バカリズム監修のキャラクターに「竹内の作りこまれたキャラがドタバタしすぎ」「竹内、斎藤、中川のキャラ設定が深夜ドラマ向き」などの指摘もある。意欲的な手法を多用していることは間違いなさそうなだけに、これからの巻き返しに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ