芸能

あの素晴らしい「昭和大ヒット曲」をもう一度(1)ロザンナ「愛の奇跡」

 男女デュオの先駆けでデビューした「ヒデとロザンナ」は、イタリア出身のロザンナ(68)の美貌も光った。亡き夫・ヒデ(享年47)との思い出は、いつまでも色あせないまま‥‥。

──デビュー曲「愛の奇跡」の発売が68年10月ですから、半世紀がたったことになりますね。

ロザンナ そうか、もうそんなになるのか。前の年に来て、まだ日本語も何もわからない18歳だったよ。

──間奏で「アモーレ、アモーレミオ」と叫ぶセリフも流行しました。

ロザンナ あれはレコーディングが始まってからのヒデのアイデアで、あまりイタリア語っぽくなく入れてくれと。すごく恥ずかしかったよ、好きな人の前で「アモーレ」と叫ぶんだから。

──あっ、デビューの段階で、すでに恋心が?

ロザンナ バンドの人とか年齢がすごく離れているでしょ? 唯一、近かったのがヒデだったし、会った瞬間に「この人だ!」と。寄り添える人だと思いました。

──いい話です。結婚はそこから7年後の75年ですが、どういう間柄でした?

ロザンナ 恋人であり、仕事上の相棒であり、時には邪魔者であったり(笑)。

──邪魔者とは?

ロザンナ 彼は仕事が終わると一人でどこか遊びに行きたい人だったから。監視しとかないとね(笑)。

──なるほど。さて5枚目のシングル「愛は傷つきやすく」(70年5月)は、初のチャート1位に輝く大ヒットに。

ロザンナ 5作目でもまだ日本語がよくわかっていないの。歌い出しの「自由に」は、ジェニーって女の子の名前かと思ったくらいだから(笑)。でも、これがなかったらデビュー曲だけのヒットに終わって、日本にはいられなかったかもしれない。

──感謝の一曲ということですね。

ロザンナ うん、中村泰士先生のいいメロディに出会ったと思う。

──紅白歌合戦にも2度の出場を決めましたが。

ロザンナ 私たちは白組での出場だったの。楽屋は男性ばかりだけど、そっちのほうがラクだったかな。だって、女性ばかりの楽屋だと、話しかけられても何のことかわからないもの。

──歌謡曲の全盛期だけに、女同士だと独特の緊張感がありそうですね。さて、おしどり夫婦と呼ばれながら、夫・ヒデは90年に47歳の若さで他界。

ロザンナ 3人いる子供のいちばん下の子はまだ9歳。お金もなかったし、目の前真っ暗でどうしようかと思ったよ。

──あれだけ売れていたのに、あまり蓄えがなかったとは意外ですが。

ロザンナ ヒデは歌を作ったりすることにお金をつぎ込む人だったから。それで一度、イタリアに帰ったんだけど、子供たちが日本に戻りたいと言うのね。それで戻って、ありがたいことに「モーニングショー」(テレビ朝日系)でイタリア料理のコーナーを持たせてもらったの。今は狩人の加藤高道さんをパートナーに、また歌う機会をいただき、なんとかやっていけてるよ。

──ご主人が亡くなってから29年もたちました。

ロザンナ 一緒に過ごした日々より、亡くなってからのほうが長くなっちゃったね。孫も全部で7人になったし、今も見守ってくれているよ。

──それは「愛の“軌跡”」ですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?