女子アナ

円形脱毛症に自傷行為…河野景子が告白本出版も「あざとい」の声

 2018年10月に貴乃花光司と離婚した、元フジテレビアナウンサーの河野景子が、著書「こころの真実 23年のすべて」を3月5日上梓した。その内容は、結婚生活23年を振り返り、離婚を切り出したのは河野からだったことや、ストレスで円形脱毛症や自傷行為にまで至ったことなどを告白し「何もかもが限界でした」と心情を吐露。そして「このまま終わっちゃうの、私の人生」と悩むようになり、離婚という決断をしたようだ。

 しかし、この報にネット上では「おかみさん時代の不幸な出来事を切り売りして、貴乃花親方に感謝って言っていることが矛盾」「離婚して言わなくてもいいことを口にして本にして印税。あまり感心できません」「かっこ悪い。全て自分で選んだ道なのに何にも言わず次に進めばよかったのに」「これでひと商売を目論む景子さんはあざといなあ」「景子のお涙頂戴話はいらないわ」「あたしはいちばんえらいし、何を言っても正当だって態度もウンザリ」など、相撲部屋のおかみさん業が大変なことに理解は示すものの、同情する声はほとんどなかった。

「92年に女優の宮沢りえとの婚約を発表したものの破局。傷心の光司に近づいたのは河野のほうといわれています。95年5月に結婚し、9月に長男を出産していますから、デキ婚だったわけです。当時、国民的アイドル級の人気力士だった貴乃花との結婚を強く望んでいたんでしょう。それを今さら、恨みつらみ満載の本を出版するのはいかがなものかと思いますよ」(相撲記者)

 結局、夫を支える妻ではなく、自身が華やかに輝きたいだけだったのか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」