芸能

芸能美女の超意外なアスリート伝説(3)石田ゆり子は水泳のジュニアオリンピックで全国8位に!

 白血病闘病中の池江璃花子は泳ぐたびに記録を更新し、しかもビジュアルも抜群だった。さて、芸能界を見渡してみると──。

「水泳に対する愛情は深田恭子が断トツ。2歳から習っているし、前世はイルカと公言しています(笑)。ドラマのタイトルバックやCMの泳ぐシーンは、もちろん吹き替えなしで本人の映像です」(芸能評論家・織田祐二氏)

 01年には日本スイミングクラブ協会から「ベストスイマー賞」を授与されてもいる。

 さて、実績ではベテラングラドルの手島優が最右翼。3歳から13歳までの10年間、水泳に明け暮れ、ジュニアオリンピックの候補生にもなったほど。

 バラエティ番組での水泳企画では、ここぞとばかりに負けん気を見せている。

 アラフィフ人気NO1の女優・石田ゆり子は、妹・ひかりが始めたことに影響されて水泳を習う。最初は25メートルも泳げなかったが、神奈川県の代表に選ばれ、ジュニアオリンピックで全国8位の成績。84年のロス五輪も狙える位置にあったそうだ。

 デビュー当時にやっていたキャンギャルのハイレグ水着が凄まじく似合っていたのも、こうした素養がなせる業だ。

 同じく女優の相武紗季は、母と姉が宝塚歌劇団という美形のDNA。もちろん、相武はビジュアル面で継承しているが、これに加えて中学時代は水泳に明け暮れた。水泳部の副部長として厳しく部員を統括。もちろん、実績も十分で、平泳ぎで宝塚市の1位に輝いている。

 最後はエビちゃんこと蛯原友里だ。CMではやたら海辺や船の上のシーンが多かったが、それもそのはず。父親が国体に出場した水泳選手であり、自身も幼少時代から水泳に親しんだ。地元・宮崎では屈指の好選手で、獲得したメダルは15個にもなるという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!