スポーツ

原監督が決断する「開幕4番」は岡本ではなく阿部!?

 2月28日、巨人がキャンプを打ち上げた。7季ぶりの日本一を目指す原辰徳監督は、「私ももちろん挑戦者であるというね、そこはどういう状況であっても1年間貫き通したい」と、意気込みを語っていた。

「原監督は2月中の対外試合もほぼベストメンバーで戦ってきました。結果が出ているので、そのいい流れのまま開幕戦まで行きたいようです」(スポーツ紙記者)

 この臨戦態勢を懸念視する声も聞かれた。巨人はベテランの多いチームだ。また、今年は天候に恵まれすぎたせいで、チーム全体が「お疲れモード」となっており、一歩間違えば、大きな故障に見舞われかねない状況でもあるのだ。その一人が「4番・サード」でのフル出場が予定されている岡本和真だ。

「キャンプ中、雨天で練習が中止になったり、午前中だけの軽めのメニューに変更される日もあるんです。選手たちはそんな雨天の日を使って上手に体を休めるんですが、若い選手はそういう力の抜き方を知りません。岡本は、キャンプ半ばでコーチが止めて、別メニューになった日もありました」(前出・スポーツ紙記者)

 その後、岡本は通常練習に復帰したが、疲れは残っている。懸念視される理由だが、岡本はマジメな性格だ。コーチがストップさせた臨時休養日にしても、「ラッキー」とは思わず、罪悪感に見舞われ、早期の復帰となったのだ。そんな岡本のマジメな性格を指して、こんな声も聞かれた。

「岡本はメキシコ代表と戦う侍ジャパンの強化試合にも招集されています。昨秋の日米野球で初めて侍ジャパンのユニフォームを着ましたが、いいところがありませんでした。3月のメキシコ戦に期する思いは強いはず」(ベテラン記者)

 疲れがたまっているのに、侍ジャパンで奮闘すれば、ペナントレース本番にも影響しかねない。原監督は岡本を欠いた対外試合で「4番・阿部」の”レトロ打線”を組んだ。他の中心選手を4番に据えれば、新たな4番争奪戦が始まる。4番を単なる新旧の入れ換えに止めたのは、岡本が開幕前にパンクした場合、その“傷口”を最小限に止めるためでもあったようだ。

 お疲れモードの巨人は、本当に大丈夫か?

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」