政治

沖縄VS安倍「全面戦争」を裏で操る中韓活動家の正体(3)20万人署名に官邸が大慌て

 実は、県民投票を前に安倍総理にはもう一つ懸念している材料があった。

 昨年の12月8日から日系4世の作曲家男性が、米ホワイトハウスの請願書サイトで辺野古への移設工事中止を求めて署名活動を始め、20万人を超える署名を集めた。請願制度は30日間で10万人集まると、米政府は60日以内に何らかの回答をしなければならず、その動きを察知した官邸サイドは一足早く手を打っていたのだ。

「何より怖いのは、ドナルド・トランプ大統領(72)の発言です。反対派が喜ぶような予期せぬ発言がツイッターで飛び出してもおかしくありません。それを防ぐため、官邸側は米政府関係者に『県民投票に法的拘束力はない』と何度も説明し、トランプ大統領にも伝えてもらったのです」(自民党関係者)

 これが功を奏したのか、投開票が終わってもアメリカは静観の構えのまま。トランプ大統領もツイッターで県民投票についてつぶやくことはなかった(3月1日現在)。

 これで安倍政権がホッとしたのも束の間、玉城氏は次なる一手に動きだしていた。

 3月1日に上京すると、県民投票条例に基づき、午前中に在日米国大使館を訪れ、アメリカ側に結果を通知。昼には総理官邸で安倍総理と会談し、工事中止を要求したものの、安倍総理は歩み寄りをみせる素振りもなかった。政治ジャーナリストの山村明義氏は、この先の展開をこう読む。

「県民投票に法的拘束力はなくても、反対派の人たちの間では、アメリカにじか談判すれば状況が変えられるという声があります。そこで鍵になるのは、トランプ大統領との会談です。基本的に『自分の国のことは自分たちで』という考え方なので、それに期待して乗っかる形で『グアム移転』などトランプ大統領から言質を取れたら成功。ウルトラCはそこだと言われています。もし野党の民主党クラスにしか会わせてもらえなかったら、玉城氏の工作は失敗に終わる。アメリカにいろいろな人脈やパイプを持っていると言われ、それを使ってどこまで食い込めるのか。手腕が問われることになります」

 玉城知事の腹案では、トランプ大統領に会って伝えることも考えているそうだが、実現までのハードルはまだ高そうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)