スポーツ

松坂大輔「右肩痛再発」隠蔽で「引退危機」(3)「再発」の兆しが出ていた昨季

 投げられない投手が戦力外とならないのであれば、これも不思議な話だが、それが日米通算170勝を誇り、「松坂世代」というブランドを築き上げてきた松坂のパワーなのだろう。

 それだけ守られても、引退説が流れる理由は、松坂自身のプライドにある。

「ソフトバンク時代もみずから医者を探して回りましたが、中日でも本人任せにするしかない。ソフトバンク退団直前に巡り合った整体師に、脱臼しかけてポジションがズレていた肩を入れてもらい改善したが、それでも原因はわからなかった。昨年こそ復活しましたが、実はオールスター前に一度、再発の兆しが出るなど、こわごわ1年間を過ごしてきたのが実情です。右肩が期待を裏切ったソフトバンク時代の3年間に逆戻りとなれば、じくじたる思いがあるでしょうが、『今度やったら終わり』が口癖の松坂自身が限界点を最も熟知している」(球界関係者)

 もちろん再起を期している現段階では早いが、この1年は松坂がいつ限界を感じて「引退」の決断を下してもおかしくない。

 すでに第二の人生プランも固まっているようだ。

「キャンプ中に抜けてまで米国の永住権を取得しに行ったのも、引退後、米国に生活拠点を移すためでしょう。倫世夫人と3人の子供は、学校のオフシーズン以外は米国ボストンで生活している。2人のお嬢さんが米国でフィギュアスケートを習っている関係もあって、監督あるいは監督を前提とした指導者のオファーがないかぎり、引退後は米国での生活を考えているようです」(スポーツライター)

 レッドソックス移籍時に総額5200万ドル(約57億円)で6年契約を結び、ソフトバンクとも3年12億円で契約するなど、もうお金は十分に稼いでいる。ソフトバンク時代に裏切ったファンへの恩返しはユニホームこそ変わったが、昨季の6勝、カムバック賞でいちおうの格好がついたかもしれない。

「いや、松坂本人は昨年の成績に満足などしていません。今回の離脱で相当落ち込んでいますね。今季、中6日のローテで回り、チームを牽引するポジションに戻れなければプライドが許さないでしょう」(球界関係者)

 再び奇跡の復活に期待したいところだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
3
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白