芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(9)伊丹十三の謎だらけの“飛び降り”

「万引き家族」がカンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した、是枝裕和監督。是枝監督は3年前、俳優で監督だった伊丹十三さんの偉業を記念して創設された伊丹十三賞を受賞しており、授賞式で是枝監督は、「伊丹さんは突破口を開いてくれた」と緊張気味に語っていた。

 有名人の自死の中で最も謎が多いのが、そんな監督を志す当時の若者たちに絶大な支持を受けていた、伊丹さんの1997年の“飛び降り自死”ではないだろうか。

 同年12月20日、東京都港区麻布の事務所が入るマンション下で、うつ伏せに倒れている伊丹さんが発見された。

「この直後に発売される写真週刊誌に、26歳OLとの“デート現場”が報じられることがわかっていましたが、伊丹本人は、この記事を気にする様子はなく、記者の直撃にも『奥さんに聞いて』と笑っていたそうです。そのため、この記事が自死の理由とは考えづらいと思われたんです」(ワイドショー関係者)

 ではほかに、何が伊丹さんを死に向かわせたというのか。

「そもそも、自死ではないのではとさえ囁かれています。というのも、伊丹さんは、社会のタブーをテーマにした作品を手掛けることで知られる作風で、実際に様々な脅迫や被害も受けたこともあるだけに、仕事がらみの対立から何者かに恨みを買った末の“他殺説”をまことしやかに唱える関係者がいるのも事実なんです」(芸能記者)

ワープロ打ちの遺書には、「死をもって潔白を証明する」と綴られていたというが、ふだんから手書きにこだわっていたという伊丹さんが、そうした大事な文面をワープロで打つものかと、疑問視する声もあった。

「近所に買い物に出る際にも、だらしのない格好はあり得ない性格の伊丹さんが、マンションから飛び降りた際はパジャマ姿のまま。こうしたことについても、彼を知る者たちからは『信じられない』といった声が上がっていました」(前出・芸能記者)

 残された闇は、どこまでも深く暗い。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」