スポーツ

花田光司が突如発した母、藤田紀子&虎上への復縁希望メッセージの強烈違和感!

 元横綱の貴乃花・花田光司氏が3月20日放送の「ザ・発言X」(日本テレビ系)に出演。そこで、長く絶縁状態にあった母でタレントの藤田紀子と兄で元横綱の花田虎上氏について関係修復を希望する発言が飛び出したことが、様々な憶測を呼んでいる。

「三者はそれぞれ、若貴兄弟が現役中から疎遠となり、すでに10年以上が経過している。そうした中、同番組で絵本作家デビューをすることを発表する流れで、突如として復縁の希望を訴えたのです」(夕刊紙記者)

 光司氏は今年に入ってから、芸人でイラストレーターの鉄拳と共同で本格的に絵本制作に取りかかり、「光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし」が完成したという。

「光司氏はその中に登場するカエルの家族を自身の両親と兄に見立てており、内容はシンプルな“家族愛”を描いており、すでに鉄拳の公式ユーチューブで流された花田氏による読み聞かせ動画は大反響を呼んでいます。ただ、光司氏は現役を引退直後の2003年に一度書下ろしの絵本を出しており、初めてのことではありません」(前出・夕刊紙記者)

 番組で光司氏は、「改めて感謝を絵本にして伝えたい」「1人で入門していたらここまでこられなかった」、さらに「46歳で人生折り返し。素直になろうと思いました」と関係修復へ前向きな言葉を繰り返しており、虎上氏も即座にブログで反応。しかし、〈ほんの半年前まで私が出演する番組には写真は疎か名前を使うことさえできませんでした。ほんの三ヶ月前まで今後も会うことはないと言われていました。そのような中、急変した現状に当惑しています〉と、弟を信じきれない素直な気持ちも吐露している。

「虎上氏にすれば、今回の突然の光司氏の発言を半信半疑に捉えて当然の話。“絵本の宣伝に使われているのではないか”と疑ってもおかしくはないでしょう。光司氏は現役引退から相撲協会からの退職、そして離婚後のメディアへの登場の仕方など、言動が突然にして、その時々で態度がコロコロと変わる。母親も兄もしばらくやり取りがないだけに、我々と同じくかなりの違和感を覚えているに違いありません」(芸能記者)

 虎上氏はブログで〈私の願いは、母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです〉としながらも、

〈絡み合った糸を解くにはまだ時間がかかりそうです〉とも綴っており、やはり溝はそう簡単に埋められそうにない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…