スポーツ

宮城野親方が「第二の貴乃花」になりかねない弟子・北青鵬の「部屋内暴力と窃盗」で降格騒動

 元横綱・白鵬の宮城野親方が「第二の貴乃花」になる可能性も出てきた。

 弟子である幕内・北青鵬が、同じ部屋の弟弟子に繰り返し暴行していたことが発覚。さらに他の力士が稽古中には、財布からカネを盗んでいたという。

 日本相撲協会のコンプライアンス委員会は北青鵬に引退勧告をすると同時に、師匠である宮城野親方の監督責任を問い、委員待遇から平年寄へと2階級降格する処分案を決めた。

 元横綱と元大関は引退直後から委員待遇となり、通常は平年寄になることはない。今回の異例の処分は臨時理事会を待って正式決定するが、まず覆らないと思われる。

 長年、大相撲の取材に携わる相撲記者は、次のように話す。

「そもそも宮城野親方は、現役時代からその言動が問題視されていました。そのため、40回を超える幕内最高優勝を果たしながら、素行面から一代年寄になれなかった。臨時理事会でも、宮城野親方を擁護する声はないのでは」

 所属する伊勢ケ浜一門内での立場も微妙だ。宮城野親方は一時、将来の相撲協会理事長の座を狙い、今年1月に行われた理事選に立候補する意向を固めていた。周囲の説得もあり、結局は断念したが、これが一門内で禍根を残しているという。前出の相撲記者も、宮城野親方の身の上を案じる。

「いいか悪いかは別にして、どの一門にも理事選出馬には暗黙のルールがあります。それを大横綱だからといって軽視するような言動をすれば、敵を作るばかりです。理事選やその先の理事長選もそうですが、強引に進めるとしっぺ返しがくる。今の八角理事長と対立した貴乃花の二の舞いになりますよ」

 現在はタレントとして活躍する貴乃花は、弟子の貴ノ岩が横綱・日馬富士に受けた暴行事件に端を発した一連の騒動で理事を解任され、その後は貴乃花部屋も消滅。自身も相撲協会を退職することになった。

 当時、取材した大相撲関係者は、

「結局、相撲界は村社会ですからね。貴乃花も反八角色を鮮明にしたことが命取りになりました。宮城野親方は今回、どんな処分を下されても、しばらくはおとなしくしていないと。変なアクションを起こせば、将来的に視野に入れている理事長の座はおろか、どんな有形無形の圧力がかかるかわかりません」

 今は嵐が過ぎ去るのを待つしかないか。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に