芸能

性格は父親譲り!?Matt、インスタライブでのアンチへの対応に称賛の声

 父親譲りの心の広さでアンチをも味方に!?

 元巨人の桑田真澄の次男で音楽家のMattが、アンチに対してみせた対応に世間から称賛の声が上がっている。Mattとアンチのやり取りが見られたのはインスタグラムのライブ配信でのこと。Mattは去る3月25日午前0時からインスタライブを約1時間行い、視聴者から寄せられるコメントに可能な限り、答えていた。

 コメントは主にMattが愛用するメイク用品やメイクのやり方について訊ねるものだったが、視聴者の中にはアンチも紛れており、誹謗中傷のコメントを1人で何十通も送り続ける強烈なアンチも出現。そのアンチはMattに対して、「気持ち悪い」「本当は自分でもそんな顔にしたことを後悔しているんだろう」「おまえみたいな顔が隣にいたら、俺は驚いて膝から崩れ落ちる」と、怒涛の悪口を浴びせていたことで、その存在は他の視聴者も嫌でも気になってしまうほどだった。

 このアンチに数人の視聴者が反応し、「アンチの人、嫌なら見ないで」「通報しましたから」と不快感を露わにしたことで、コメント欄は荒れ模様となっていたが、それとは対照的に当のMattはいたって冷静。

 Mattは穏やかな口調で「みんな通報なんてしなくていいよ。全然気にしてないし、傷ついてもいないから。この人(アンチ)も、こんなこと言いながらもずっと見ているっていうのは興味があるってことだろうし」と、笑顔で視聴者を諭したのだ。

 このMattの大人な対応には当然ファンからも人柄を称賛するコメントが次々と書き込まれていたが、誹謗中傷の書き込みをしていたアンチですらも「確かに興味はある」と、Mattに興味があることを認め、最終的には「ごめんね」「言い過ぎた」と謝罪する結末となったのだから驚きだ。

 このMattの対応をネットニュース等で知った世間の人々からは「今回の対応はあっぱれだな」「イラっとしても仕方ない暴言ばっかりなのに、本当に心が広いな」「この人の見た目だけで毛嫌いしてたけど、素晴らしい人柄だな」「さすが桑田の息子」などといった声が上がっている。

「17年放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)にて、番組司会の坂上忍がMattについて『うーん。存じ上げているんですが…。知らないし、別に知りたくもない』とコメントしたことにMattがSNS上で怒りを露わにしたこともありましたが、やはり人にはなるべくやさしくを心がけているMattですから、今回の落ち着いた対応はさすがです。

思えば、Mattの父である桑田もPL学園時代、後輩に決して手をあげることもなかったそうですし、少年野球の指導においても決して選手を怒ることもなかったといいますから、そのやさしさは父親譲りといっていいでしょう。今回のライブ配信中のしゃべり方も父の桑田そっくりの落ち着いた口調に感じました」(エンタメ誌ライター)

 これだけ懐の深いMattなだけに、坂上を許す日も近いか?

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」