芸能

性格は父親譲り!?Matt、インスタライブでのアンチへの対応に称賛の声

 父親譲りの心の広さでアンチをも味方に!?

 元巨人の桑田真澄の次男で音楽家のMattが、アンチに対してみせた対応に世間から称賛の声が上がっている。Mattとアンチのやり取りが見られたのはインスタグラムのライブ配信でのこと。Mattは去る3月25日午前0時からインスタライブを約1時間行い、視聴者から寄せられるコメントに可能な限り、答えていた。

 コメントは主にMattが愛用するメイク用品やメイクのやり方について訊ねるものだったが、視聴者の中にはアンチも紛れており、誹謗中傷のコメントを1人で何十通も送り続ける強烈なアンチも出現。そのアンチはMattに対して、「気持ち悪い」「本当は自分でもそんな顔にしたことを後悔しているんだろう」「おまえみたいな顔が隣にいたら、俺は驚いて膝から崩れ落ちる」と、怒涛の悪口を浴びせていたことで、その存在は他の視聴者も嫌でも気になってしまうほどだった。

 このアンチに数人の視聴者が反応し、「アンチの人、嫌なら見ないで」「通報しましたから」と不快感を露わにしたことで、コメント欄は荒れ模様となっていたが、それとは対照的に当のMattはいたって冷静。

 Mattは穏やかな口調で「みんな通報なんてしなくていいよ。全然気にしてないし、傷ついてもいないから。この人(アンチ)も、こんなこと言いながらもずっと見ているっていうのは興味があるってことだろうし」と、笑顔で視聴者を諭したのだ。

 このMattの大人な対応には当然ファンからも人柄を称賛するコメントが次々と書き込まれていたが、誹謗中傷の書き込みをしていたアンチですらも「確かに興味はある」と、Mattに興味があることを認め、最終的には「ごめんね」「言い過ぎた」と謝罪する結末となったのだから驚きだ。

 このMattの対応をネットニュース等で知った世間の人々からは「今回の対応はあっぱれだな」「イラっとしても仕方ない暴言ばっかりなのに、本当に心が広いな」「この人の見た目だけで毛嫌いしてたけど、素晴らしい人柄だな」「さすが桑田の息子」などといった声が上がっている。

「17年放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)にて、番組司会の坂上忍がMattについて『うーん。存じ上げているんですが…。知らないし、別に知りたくもない』とコメントしたことにMattがSNS上で怒りを露わにしたこともありましたが、やはり人にはなるべくやさしくを心がけているMattですから、今回の落ち着いた対応はさすがです。

思えば、Mattの父である桑田もPL学園時代、後輩に決して手をあげることもなかったそうですし、少年野球の指導においても決して選手を怒ることもなかったといいますから、そのやさしさは父親譲りといっていいでしょう。今回のライブ配信中のしゃべり方も父の桑田そっくりの落ち着いた口調に感じました」(エンタメ誌ライター)

 これだけ懐の深いMattなだけに、坂上を許す日も近いか?

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故