芸能

レギュラー、「視聴者投票でリズムネタ1位」に「疑問の声」があがったワケ

 視聴者から5万票を超える支持を集めたのは、結成21年のベテランコンビ「レギュラー」だった!去る3月30日に放送された「ENGEIグランドスラム LIVE」(フジテレビ系)にて実施されたスペシャル企画の“平成のリズムネタ博物館”にて、視聴者投票で選ばれた一組だけがネタを披露できるというシビアな争いにてレギュラーが勝利したのである。

 レギュラーは2位の8.6秒バズーカ─(5万316票)、3位のジョイマン(3万969票)を押さえてトップとなり、本編にて得意ネタの“あるある探検隊”を生披露。ネット上では〈懐かしい!〉〈何年ぶりに見たかな〉〈いま見ても面白い〉といった声も飛んでいたが、そんなレギュラーの出演について芸能記者が“物言い”をつける。

「正直なところ、10年以上前に表舞台を去った感のあるレギュラーが視聴者投票で1位に選ばれたことには疑問を禁じえません。というのも、8.6秒バズーカーやジョイマンのほうが今時のお笑いファンにはおなじみですし、人気絶頂時の爆発力なら『ラララライ!』の藤崎マーケットや、『そんなの関係ねえ!』の小島よしおのほうが上だったはず。そして子供たちにはにゃんこスターのほうが人気です。むしろレギュラーは小梅太夫とともに最下位争いかと思っていたので、この結果は意外ですし、何か“裏”があるとまで勘繰りたくもなりますね」

 そのレギュラーがネタを披露した際には、若い女性ばかりの観客が、なぜかタイミングばっちりで手拍子。04年にブレイクするも08年にはすでに仕事が激減していたレギュラーだが、そんな10年以上も前のネタになぜいきなり手拍子が合うのか、疑問を感じた視聴者もいたようだ。

「一部からは、レギュラーの1位はあらかじめ決まっており、観客は放送前に手拍子の練習をさせられていたのではないかとの見方も浮上しているほどです。ただ、お笑い番組の視聴者は高齢化が進んでおり、レギュラーの姿を見て『懐かしい』『応援したい』と思った人も少なくないはず。しかも同時間帯には『炎の体育会TV』(TBS系)や『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)など、若者や子供を惹きつける番組が放送されており、投票者の年齢が高くなったことも、レギュラーにとって有利に働いたのかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 ともあれ、今回の投票1位が再浮上のキッカケになるのか。貴重な票を投じたファンも気を揉んでいるに違いないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)