芸能

天木じゅん、大原優乃、永尾まりや…2019年を席巻する「パーツ美女」たち

 世の男子の視線をクギづけにするばかりか、明日へのみなぎる活力を呼び起こさせてくれる芸能美女。しかし、どの女の子の、どんな部分にビビッドに反応するかは男子の好みによって千差万別だ。

 そこで、今をときめくグラドル、女優を“大きなバスト”“美しいバスト”“美しいヒップ”“くびれ”“脚線美”に分けて、各部門の「パーツ別美女」をランキングにして表彰したのが、発売中の「アサ芸シークレットVol.57」。より自分の好みに近い、もっとも愛すべきグラドルが見つかるはずだ。

“大きなバスト”部門の栄えある1位は、身長148センチにして95センチIカップのあの子が、貫禄の受賞だ。

「奇跡の二次元ボディを持つ天木じゅんです。バラエティタレントや女優としても活躍しながら、本職のグラビアでは見せ惜しみすることなく常に攻めの姿勢。『DTを殺すセーター』や、水着を上下入れ替えて着る『天地返し』など、男子のたくましい妄想を凌駕する、ファンタジーを見せてくれますからね。さらなる進化が楽しみです」(週刊誌記者)

 2位にランクインしたのは、2018年にグラドルとして大ブレイクした大原優乃。

「主張するバストを含め、カラダ全体の芸術的な美しさは、近年のグラビア界ではピカイチ。載らない週はないのではないかと思わせるほど、あちこちのグラビアに頻繁に登場するのに、飽きられない。それこそが、大原が美バストである証拠と言えるでしょう」(芸能ライター)

 美しいヒップ部門で1位に輝いたのは、天真爛漫でありながら全身から艶気を放つ永尾まりやだ。

「撮影の際、自分から積極的にポーズや表情を変え、しかもそれが多彩。カメラマンのイメージが次々に湧き出るように演出してくれるんです。正面からの誘うような強い視線もお見事ですが、ヒップを向けながら振り向く姿も絶品。今後、歳を重ねて、さらに女っぽくなってゆくところを見届けたいですね」(グラビア誌編集者)

 ほかにも美しいバスト部門、クビレ部門、脚線美部門にもパーツ自慢のグラドル&女優が盛りだくさん。あなたのフェチ心を揺さぶる美女が見つかるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」