芸能

テレ朝・玉川徹氏、「恋の評論家」を気取るも「恥ずかしい間違い」さらしてた!?

「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)のコメンテーターで、何かと物議を醸す発言でおなじみの玉川徹氏が、恋の評論家を気取ったとして話題になっている。

 4月10日の同番組では、新海誠監督が3年ぶりに手掛ける映画「天気の子」(7月19日公開予定)の初出し映像を放送。ここでコーナー担当の野上慎平アナは「大人になってこんなにときめくんだとか、こんなにせつないんだっていうのを(前作の)『君の名は。』では感じさせてもらえたんですが、じゃあ『天気の子』ってどんなストーリーなんだろう」と、盛り上げトークだ。

 続けて野上アナは「玉川さん、若い男女の恋の物語、玉川さんにも刺さりますよ!」と大胆な振り。それに対して玉川氏はゆっくりした口調で「やっぱりねえ、恋っていうのは一番こう、今の現代にあっては、自分をエクスパンドできる唯一のものだね」と“ドヤ顔”で語り、隣にいた元AERA編集長の浜田敬子氏は「恋評論家!」とはやし立てていた。

 それに対して野上アナが「玉川さん、染みますね。兄さんと呼びたい」とヨイショすると、玉川氏も「そうでしょ。呼んでいいよ」と、ご満悦の表情に。ここで司会の羽鳥慎一が「気持ち悪いでしょ?」と、いつもの調子で茶化し、アシスタントの斎藤ちはるアナは新人らしく「いえいえ」と否定するというお約束の展開となっていた。

 このやり取りで発した玉川氏の発言について、海外在住経験を持つライターが指摘する。

「“恋評論家”としての発言はともかく、気になったのは『自分をエクスパンドできる』という箇所ですね。玉川氏はおそらく、自分自身を高めたり成長させるという意味で『エクスパンド(expand)』という単語を用いたのでしょうが、この文脈だと『精一杯がんばる、全力を出しきる』という意味になり、玉川氏が意図していた意味は持たないのです。この場合にはインプルーブやデベロープといった単語を使うべき。『可能性を広げる』という文脈ならエクスパンドも使えますが、玉川氏は“自分”を主語にしているので、やはりエクスパンドを用いるのは不適切ですね」

 玉川氏は、自身の英語力をエクスパンドしたほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
倖田來未のバストの先に「茶色のモノ」が!肌見せ大胆ドレス姿に“事故”疑惑