女子アナ

悪女への不合格発表(1)前田有紀アナ突発退社の裏にあった窓際待遇

 会社を去る女子アナ、離婚に向かうグラドル、男を誘惑する女優、相方と和解する元女子プロレスラー‥‥春一番が吹く季節にあって、オンナたちのドラマも盛り上がりを見せている。悲喜こもごもの入り交じる合否判定真っ盛りのシーズン。「悪女」たちに本誌が不合格通知を送りつける!

 テレビ朝日の前田有紀アナ(32)が3月31日に同局を退社することを発表した。決意の背景には居場所を失った彼女の姿があったという──。

 前田アナが退社を発表したのは2月22日のことだった。テレビ朝日のHPには、みずからその理由をこうつづっている。

「一度時間を作り掘り下げていきたいと思い、留学のため退社することを決めました」

 彼女が入社した03年は鈴江奈々アナ(日本テレビ)、戸部洋子アナ(フジテレビ)、小林麻耶アナ(TBS)と女子アナの当たり年。前田アナの社内での評価をテレビ朝日関係者がこう語る。

「その美貌から入社6日目に『やべっちFC』に抜擢され、03年組で一歩リードしました。後輩の竹内由恵アナ(27)をやっかんでいるとどこかで書かれましたが、間違いで、かなりかわいがっていますよ」“女帝”木村優子アナ(52)が君臨する日本テレビとは対照的に、テレビ朝日のアナウンス室は和気あいあいとした雰囲気だという。ライバルにも愛想よく接する彼女だが、これが欠点につながっているという指摘も。テレビ朝日局員が語る。

「父親が元パイロットの大学教授、姉がテレビ東京の報道記者という家柄で育ちがいい。人間性は申し分ないのですが、前田には野心とか、向上心とかいうものが見られなかった。そのせいで、アナウンサーとしての技量は伸びなかった」

 確かに彼女が担当していたのは、バラエティが中心。「画期的」を「がっきてき」、「傘下」を「かさした」と読んだことは伝説になっているが、ニュースを任されたことはほとんどなかった。

「『アナ』としての評価はされていません。竹内アナや、同期の大木(優紀)アナ(32)にスポットが当たり、浮いている感じはありましたね。『やべっち──』でブレイクしましたが、あれ以外では使いみちがない状況ではあった」(前出・テレビ朝日局員)

 2月26日の定例社長会見では早河洋社長(69)が、「彼女の上司からだいぶ前に退社の意思が伝えられていた」と明かした。前出・テレビ朝日関係者が語る。

「実は、その“だいぶ前”から『やべっち──』の担当を外す構想がありました。このことが本人の耳に伝わったか定かではありませんが、局の戦略が竹内中心にシフトしていることは本人も感じていたはずです」

 女子アナの寿命は30歳というのがテレビ業界の定説だが、大台を越えた前田アナは、窓際待遇で“干されている”状況だったという。交際していたプロバスケット選手の田臥勇太(32)との結婚を前提とした退社説もささやかれていたが──。

「関係は進展しておらず、破局していると言われています。ロンドンに留学して語学を学びたいようですが、何を目標にしているのか知っている人は局内にいませんね」(前出・テレビ朝日関係者)

 留学後にフリー転向というのが考えやすいところだが、女子アナ評論家の丸山大次郎氏はこう語る。

「アヤパン、西尾由佳理、平井理央、青木裕子と、フリー女子アナは群雄割拠の状態。留学してワンテンポ置くというのは悪い選択ではないでしょう。大学時代にラクロス部に所属し、スポーツに明るいので、他のフリー女子アナとはかぶらない、スポーツキャスターに転向するのがいいのでは」

 海外で出会った男と結婚という、ファンにとっていちばん悲しいパターンにだけはならないでほしいものである。

カテゴリー: 女子アナ, 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題