芸能

仙道敦子、キントリ「迫真の悪女熱演」で蘇る小柳ルミ子への“嫉妬”演技!

 4月25日に放送された「緊急取調室」(テレビ朝日系)第3話で、自身初となる悪女役を演じた仙道敦子。放送中の朝ドラ「なつぞら」(NHK)では明るく子ども思いの母親・小畑妙子を演じているが、「キントリ」では“5億稼ぐ女”と呼ばれる華やかなカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が殺害された事件の被疑者・平井かすみを好演。事件の真犯人ではなかったものの、金持ちに敵対心を抱く寂しい40代独身女性を巧みに演じた。

 仙道は昨年7月期放送のドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で23年ぶりに女優復帰。かねてから「キントリ」のファンであり、同ドラマの主演である天海祐希の宝塚時代からのファンだったことを公言。今回、「キントリ」にゲスト出演することが決まり、何やら変わった“演技練習”をしていたというのだ。

「仙道は自宅で、天海の顔写真を拡大コピーして壁に貼り、その前でセリフの練習をしていたそうです。ネット上では『なつぞらとは全然違うふてぶてしさがいい』『なつぞらではかわいいお母さんなのに、キントリでは性悪女にしか見えなかった』『仙道さんやっぱり演技ウマ!』など、称賛の声が相次いでいるようです」(女性誌記者)

 仙道がガッツリと芝居をしている姿を初めて見た若年層視聴者からは「こんなに演技がうまい人だったなんて」と驚きの声があがっているようだが、仙道は1983年11月公開の映画「白蛇抄」に出演し、1984年度日本アカデミー賞新人俳優賞、第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞。当時中学2年生だった仙道は、主演の小柳ルミ子に嫉妬する女子中学生を熱演。大物女優に育つだろうと太鼓判を押されていた女優なのだ。

 今後も大物女優らしい名演技を見せてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由