芸能

西野七瀬も願望強め? 衛藤美彩の交際宣言で乃木坂OGの恋愛事情も急加速か

 元乃木坂46の衛藤美彩が、プロ野球西武ライオンズ源田壮亮内野手と真剣交際していることを去る4月12日にインスタグラムでファンに報告。乃木坂ファンに対する衝撃はいまだに大きいようだ。

 衛藤は3月末に乃木坂を卒業しているが、その後、源田からの告白を快諾。卒業から2週間足らずでの交際宣言となった。

「卒業直後の交際宣言ということも初めてですが、選抜入りの常連だった人気メンバーの交際宣言は今回の衛藤が初。グループ卒業後の恋愛は自由ですから、ファンとしては背中を押してあげたいというところでしょうが、いざ交際宣言があると、ファンとしても動揺を受けてしまったようですね」(アイドル誌ライター)

 また、この衛藤の卒業発表により、乃木坂OGの恋愛事情が急加速する可能性も小さくないとして、同ライターはこうも話す。

「衛藤が交際を報告した投稿には、グループを2月に卒業し、乃木坂で最多センターを務めた西野七瀬がいいねを押していることが乃木坂ファンの間で注目を集めています。西野は自身がMCを務めるトーク番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)で、もし彼氏ができた時に行ってみたいデートスポットについて聞かれると、『1人でスーパー行った時とかにカップ麺のコーナーでカップルが指差してあーだこーだやってたんですよ。その風景というかそれを見て、すごくうらやましいなって思って』と、ごくごく一般的なカップルの日常にあこがれることを明かしていたり、彼氏が欲しいと思っていた時期があることを告白していますから、西野も恋愛面を頑張っていこうという気持ちが多少は強くなったかもしれませんね。AKBグループと比べ、西野をはじめ、控えめな性格のメンバーが多い乃木坂ですから、恋愛が解禁されたからといっても、自分が乃木坂で一番最初の熱愛宣言メンバーになるということは避けたいはず。やはり、芸能界での今後の活躍を目指すうえで乃木坂時代のファンには長く応援してほしいはずですから、熱愛報道で人気の低下は想定できますからね。ですが、衛藤がここで堂々と交際宣言をしたことで、恋愛に消極的だったOGたちに道を示したことにもなるでしょうから、後に続けとばかりに熱愛がどんどん発覚していくかもしれません」

 とはいえ、あまりにハイペースに元メンバーの熱愛が発覚してしまうとファンの気持ちが折れてしまう事も想定できる。ファンとしては、「熱愛宣言ラッシュ」とならないことだけは願いたいところだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声