芸能

冠番組で加速する蛭子能収の愛すべきクズっぷり!撮れ高無視の暴挙に拍手喝采

 太川陽介と蛭子能収が旅をするバラエティ番組「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)が4月18日にスタート。4月25日には第2回が放送された。毎回、違う企画で旅をする番組で、第1回は「ローカル鉄道寄り道旅」、第2回は「蛭子能収のひとりで行けるかな?春の駿河湾 談春参戦SP」となった。

 これは蛭子が1人で旅をする企画で、指定された時間までに目的地につけば、残った旅の資金がもらえるというもの。少しでも資金を残そうとする蛭子と、旅を楽しみたいゲストとのせめぎ合いが見どころだ。蛭子は旅番組であることを忘れたかのように、ケチっぷりを発揮している。

 スタート地点、遼河はるひと山崎弘也がゲストとしてやってくるが、お金を使いたくない蛭子は「朝飯を食べて解散しよう」と提案。実際、パンを買って解散しようとした。さらに富士サファリパークにいけばお金がかかると判断すると、パーク行きのバスに乗ることを拒否。すったもんだの末、やっと乗ったのである。その様子を観たナレーションの太川陽介に「やっと観念したみたい。ほんとケチだからね」とあきれられる始末。番組の「撮れ高」を気にせず、手元にあるお金を少しでも残そうとする姿勢に視聴者からもあきれる声が上がった。

 ケチっぷりはさらに続く。陣内智則が子供のお土産として積み木をねだる場面。約1万5000円の積み木と、約6000円の商品の2つが候補として挙がると、蛭子は安いほうを選択した。

「誰がどう見ても1万5000円の積み木のほうがよさそうでした。陣内もこちらをプッシュしていたのですが、蛭子は『絵が太い筆で描いてある。重さもちょうどいい』という意味不明な理由で安いほうに決めていました。もう“必死”という感じでしたね(笑)」(テレビ誌ライター)

 何とかお金を残そうとする蛭子に驚きを隠せない陣内は、「ギャラは別なんでしょ?」と、蛭子の出演料は渡された旅の資金とは別に出るのではないかと質問する。蛭子は「ギャラ込み」と即答したが、もちろんこれはウソ。さらに陣内から孫にお土産を買わなくていいのか聞かれると、「孫いない」と答えた。これも当然ウソで、蛭子には8人の孫がいる。ウソをついてまでお金を残そうとしたのだ。

「お金意外の部分でも蛭子のクズっぷりが随所で見られました。陣内智則が登場した場面では、『顔は覚えているけど名前が出てこない』と言い放ったんです。2人は何度も共演しています。陣内から抗議されると『(名前がわからなくても)ロケにはなる』と答えていました。さらに『わかった!陣内孝則だ』ですからね(笑)。その陣内に物産館で番組の宣伝をするよう勧められると、局を『日本テレビ』と答えていました。もうあきれるしかありません」(前出・テレビ誌ライター)

 ゲストの反感を買いながら蛭子が必死になって残したお金は1万418円。蛭子は「少ないね」とポツリ。

 太川に「満足しろ!」と怒られていた。だが、そんなクズっぷりに視聴者は拍手喝采。次はどんな暴挙に出るのか、蛭子能収の新たな旅に期待は高まるばかりのようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ