芸能

宮崎美子がCMで見せる「自分を女子扱いするおばあちゃん」の現実とは?

 auのCMといえば「三太郎シリーズ」が有名だが、神木隆之介や松本穂香らが出演する「意識高すぎ! 高杉くん」も人気のシリーズだ。今年2月からは神木演じる高杉くんの「おばあちゃん」として宮崎美子が登場。「山ガール」を思わせる若々しい服装のおばあちゃんがスマホで犬を撮影している様子を見た「松本さん」(松本)が「スマホなんですね」と話しかけると「ガラケー女子のままじゃ、ね」と返事する宮崎。その返事を聞いたとたん「女子…」と思わず声に出して驚く松本。しかし宮崎も間髪入れずに「女子!」と応戦するやり取りは、実にほほ笑ましいシーンだ。

「だからといって、現実世界のおばあちゃんもCMでの宮崎と同じぐらいの感覚だと思っていたら痛い目に遭うかもしれません。実は女性はいくつになっても“おばあちゃん”と他人から呼ばれることにもっと抵抗があるようなんです。おばあちゃんではなく、ウソだとわかっていても『お姉さん』と呼ばれたり、たとえ夫がすでに亡くなっていたり未婚だったりしても『奥様』『奥さん』と呼んでほしいと思っている人が多いのだとか。CMでは宮崎が松本に対し、自分が『女子』であることをコミカルに訴えていますが、現実では怒りを向けられる場合があるかもしれません」(女性誌記者)

 5月2日放送のドラマ「向かいのバズる家族」(日本テレビ系)第5話でも、こんな場面が。高岡早紀演じる46歳の主婦・緋奈子が自分を「ヒナ」と呼び、自分が投稿した動画にフォロワーが増加することに喜びを感じ、セーラー服着用のリクエストに応えるもフォロワーからの賞賛が少ないことに怒るのだ。

 ともあれ、女性には細心の注意を払って接したほうがよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール