芸能

宮崎美子がCMで見せる「自分を女子扱いするおばあちゃん」の現実とは?

 auのCMといえば「三太郎シリーズ」が有名だが、神木隆之介や松本穂香らが出演する「意識高すぎ! 高杉くん」も人気のシリーズだ。今年2月からは神木演じる高杉くんの「おばあちゃん」として宮崎美子が登場。「山ガール」を思わせる若々しい服装のおばあちゃんがスマホで犬を撮影している様子を見た「松本さん」(松本)が「スマホなんですね」と話しかけると「ガラケー女子のままじゃ、ね」と返事する宮崎。その返事を聞いたとたん「女子…」と思わず声に出して驚く松本。しかし宮崎も間髪入れずに「女子!」と応戦するやり取りは、実にほほ笑ましいシーンだ。

「だからといって、現実世界のおばあちゃんもCMでの宮崎と同じぐらいの感覚だと思っていたら痛い目に遭うかもしれません。実は女性はいくつになっても“おばあちゃん”と他人から呼ばれることにもっと抵抗があるようなんです。おばあちゃんではなく、ウソだとわかっていても『お姉さん』と呼ばれたり、たとえ夫がすでに亡くなっていたり未婚だったりしても『奥様』『奥さん』と呼んでほしいと思っている人が多いのだとか。CMでは宮崎が松本に対し、自分が『女子』であることをコミカルに訴えていますが、現実では怒りを向けられる場合があるかもしれません」(女性誌記者)

 5月2日放送のドラマ「向かいのバズる家族」(日本テレビ系)第5話でも、こんな場面が。高岡早紀演じる46歳の主婦・緋奈子が自分を「ヒナ」と呼び、自分が投稿した動画にフォロワーが増加することに喜びを感じ、セーラー服着用のリクエストに応えるもフォロワーからの賞賛が少ないことに怒るのだ。

 ともあれ、女性には細心の注意を払って接したほうがよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声