芸能

真木よう子、警察官役で早くも期待高まる「制服から盛り上がるバスト」!

 女優の真木よう子が7月スタートのドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)にて、唐沢寿明とバディを組むことがわかった。真木が演じるのは110番通報に迅速に対応する「緊急指令室」の室長。かすかな音も聞き逃さない能力を持ち、「ボイスプロファイラー」として活躍するという役どころだ。

 その真木は女優歴20年にして、意外にも日本テレビの連ドラには初出演となる。かつては演技派として活躍するも、07年7月期の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)では平均視聴率4.5%の惨敗に終わり、現在はドン底からの復帰途上といったところの真木。そんな彼女にとって本作は、視聴者を魅了する作品になる可能性に満ちているというのだ。

「07年のコミケ出展宣言(のちに撤回)ですっかりミソを付けた真木は、その前後に事務所からの独立トラブルにも見舞われ、女優としてのイメージを下げてしまいました。ただ視聴率的には爆死だった『セシルの──』でも、Fカップ超と噂されるバストを揺らしてのジョギングシーンなどが話題を呼び、一部の熱心な男性視聴者からは“神作品”との評価を得ていたのです。そして18年8月には大手事務所レプロエンタテインメントとマネジメント契約を結び、今年1月期の主演ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京系)ではテレ東ドラマとしてはかなりの高視聴率となる平均4.5%をマークし、復活をイメージづけました」(テレビ誌ライター)

 その「原島浩美が──」では銀行員という役柄ゆえ、常にスーツなどでバストを隠していたものの、真木の“わがままバスト”は胸元の生地をこれでもかというほどに押し上げ、かえって胸の大きさを誇示することに。ファンからは「着衣なのに艶っぽすぎる!」と評価されたのである。

「そもそもドラマではもろ肌を見せるわけにもいかず、バストのアピールにも限界があるもの。しかし真木の細身すぎる体から飛び出すバストの破壊力は、むしろ着衣でこそその存在感を発揮するというものです。それゆえ今回の『ボイス 110緊急指令室』で演じる警察官役はうってつけ。本作は韓流ドラマ『ボイス~112の奇跡~』のリメイクですが、こちらでは韓流女優には珍しい松たか子似のイ・ハナが、ゴージャスと賞賛されるボディを制服に包み、視聴者の目を奪っていました。そのイ・ハナをはるかに上回るわがままボディの真木ゆえ、『セシルの──』に食いついた視聴者には必見のシーンが続出することは間違いないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 警察が舞台ながら、真木の艶っぽさが見どころという「ボイス 110緊急指令室」。今から期待に胸やらなんやらが膨らんできそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
3
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
4
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?