芸能

民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<迷走する「フジ」の核心>(1)頭角を表した三田友梨佳

 視聴率の低迷が長期化しつつあるフジテレビ。かつてはアイドルアナの宝庫と思われていたが、絶対エース、カトパンのフリー転身で看板アナが不在となっている。はたして何が起きているのか。

 かつて「好きな女子アナ」の人気ランキングで殿堂入りした加藤綾子(34)以来、混迷が続くフジテレビ。人気の面のみならず、大派閥を率いていた彼女の退社は、フジの女子アナの派閥地図を一変させる結果となった。フジ社員が言う。

「フジの女子アナには、カトパンを慕うコが多くて、若手アナはほとんどがカトパン派だった。ところが、彼女が激務を理由に、16年4月に退社。残されたカトパン派たちは、バラバラになってしまった。さらに、カトパンが頼りにしていた亀山千広社長が、業績低迷の責任を取って、BSフジの社長に“左遷”。一時はカトパンの後継候補筆頭で、亀山社長に猛プッシュされていた宮路愛海アナ(27)が、エース候補から脱落してしまった」

 そこに割って入ったのが、カトパンを尊敬してやまないミタパンこと三田友梨佳アナ(31)だった。

「彼女が頭角を現したのが、昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』での活躍。報道志望だったミタパンは、司会の安藤優子キャスターの信任を得てすっかり女子アナのメイン格の存在になった。さらに、報道のエースだった椿原慶子アナ(33)が産休で『ライブニュースα』と『Mr.サンデー』のキャスターを降板。その跡目になったことも大きかった。彼女はバラエティー系のカトパンに対し、報道の椿原と並び称された存在。その両者とも近しい関係を築いているので、現在は事実上、ミタパン派がカトパン派を引き継いだ形になっている。メンバー自体は少なくて、三上真奈アナ(30)や岡副麻希(26)など小粒感は否めなかったが、局アナ時代には不仲だった高橋真麻(37)ともフリーになってからは和解。『真麻会』のアナウンサーも取り込むなど、盤石の態勢を築きつつある」(制作会社関係者)

 ミタパンの台頭を予想したフジ関係者は皆無だったというが、カトパン仕込みの大物転がしで天下獲りは近い。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”