芸能

民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<迷走する「フジ」の核心>(1)頭角を表した三田友梨佳

 視聴率の低迷が長期化しつつあるフジテレビ。かつてはアイドルアナの宝庫と思われていたが、絶対エース、カトパンのフリー転身で看板アナが不在となっている。はたして何が起きているのか。

 かつて「好きな女子アナ」の人気ランキングで殿堂入りした加藤綾子(34)以来、混迷が続くフジテレビ。人気の面のみならず、大派閥を率いていた彼女の退社は、フジの女子アナの派閥地図を一変させる結果となった。フジ社員が言う。

「フジの女子アナには、カトパンを慕うコが多くて、若手アナはほとんどがカトパン派だった。ところが、彼女が激務を理由に、16年4月に退社。残されたカトパン派たちは、バラバラになってしまった。さらに、カトパンが頼りにしていた亀山千広社長が、業績低迷の責任を取って、BSフジの社長に“左遷”。一時はカトパンの後継候補筆頭で、亀山社長に猛プッシュされていた宮路愛海アナ(27)が、エース候補から脱落してしまった」

 そこに割って入ったのが、カトパンを尊敬してやまないミタパンこと三田友梨佳アナ(31)だった。

「彼女が頭角を現したのが、昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』での活躍。報道志望だったミタパンは、司会の安藤優子キャスターの信任を得てすっかり女子アナのメイン格の存在になった。さらに、報道のエースだった椿原慶子アナ(33)が産休で『ライブニュースα』と『Mr.サンデー』のキャスターを降板。その跡目になったことも大きかった。彼女はバラエティー系のカトパンに対し、報道の椿原と並び称された存在。その両者とも近しい関係を築いているので、現在は事実上、ミタパン派がカトパン派を引き継いだ形になっている。メンバー自体は少なくて、三上真奈アナ(30)や岡副麻希(26)など小粒感は否めなかったが、局アナ時代には不仲だった高橋真麻(37)ともフリーになってからは和解。『真麻会』のアナウンサーも取り込むなど、盤石の態勢を築きつつある」(制作会社関係者)

 ミタパンの台頭を予想したフジ関係者は皆無だったというが、カトパン仕込みの大物転がしで天下獲りは近い。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】