女子アナ

「悶絶するな」はムリ!?岡副麻希、自らアノ部位を開くような動作に男たち大興奮

 何度でもスローモーションで見たい?

 フリーアナの岡副麻希が5月18日深夜に放送されたバラエティ番組「天職サーチ 千鳥のジョブラバーズ」(朝日放送)に出演。まさかの艶っぽすぎる「マット運動」に深夜の男たちのテンションはハイとなってしまったようだ。同番組は人気の職業など、様々な仕事を芸人たちが体験する番組で、岡副は番組アシスタントとして出演。同回では体育教師の適正を見る企画が行われ、岡副はマット運動に挑戦。開脚前転と後転を披露しているのだが、それがあまりにいやらしく見えるものだった。

「岡副はショーパン姿とあって、開脚前転をした際にはズボンの隙間から黒い“見せパン”らしきものが確認できていました。特に反響が大きかったのは後転です。岡副はズボンの隙間から中身を見えないようにしたかったのか、両手でズボンのすそ部分を抑えていましたが、両手の位置が美脚の付け根あたりに置かれていました。しかも、指の見え方も相まって、まるで、秘所をみずから広げているように見えるとネット上では大騒ぎでした」(エンタメ誌ライター)

 そのため、すでにネット上にはマット運動をスロー再生したものがアップされており、視聴者からは「これを悶絶モノだという目で見るなっていうのが不可能だろ」「ここまで艶っぽい後転は初めて見た」「夜の営みの自主練かと思った」「岡副さん、これはさすがにやりすぎだろ」などといった意味の興奮気味な声が連打されていた。

「体も柔らかいうえに天然で自然体な岡副は今までもさまざまな動作で男性視聴者をビックリさせていました。『めざましどようび』(フジテレビ系)でウォータースライダーに挑戦した時には美脚の付け根のタテスジがくっきり見える“事故”がありましたが、それも今から3年前の出来事。久々になかなかのアクシデントショットが見られましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 岡副も最近は昔と比べるといろいろな意味で話題性に欠けているのは事実。ここで“大きな見せ場”を作れたことをポジティブにとらえるべきかも?

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か