芸能

嵐・相葉が「詐欺メールで艶サイト誘導被害」告白!観客に明かしたトホホ全貌

 5月19日、嵐の札幌ドーム3日間公演が無事終了した。松本潤がソロパートの時に声がかすれ、辛そうにするというアクシデントが勃発し、観客に謝罪するくだりもあったが、メンバー5人はすこぶるノリノリ。連夜公演にもかかわらず、アンコールも含めて41曲を約3時間かけて熱唱しまくった。

 そんな公演3日目のMCでのことだ。相葉雅紀が、なんと「詐欺メール」の被害に遭い、大騒動したことを明かしたのだ。相葉はこんなふうに話し始めた。

「今日、公演の前、楽屋でくつろいでたら、ケータイにショートメッセージが届いて。《お荷物をお届けしましたが、不在でした》って、URLがあったのね。『あれ?なんか頼んでたかな?』ってURLを開いたら…」

 それは、激しく艶っぽい内容のサイトだったいうのだ。さらに相葉は、こう続けた。

「それで『どうしよう』ってなってたんだけど。ニノに見つかって。『初回無料だからってやるなよ~』って言われて。そしたら隣にいた松潤が『それ、そのまま閉じたら大丈夫だよ』ってすっごい冷静に。『そんなの無視すればいいんだよ。普通に消したら消えるよ』って。請求とか出てきたからびっくりしちゃって」

 そんな「パニくりぶり」を明かした相葉に、櫻井翔は「カモじゃん。そんなメッセージ開けちゃダメだよ」とピシャリ。さらに、「荷物何か頼んだの?不在だったら直接連絡くるの?宅配の人と連絡交換してるの?」と矢継ぎ早に質問した。相葉から、荷物を頼んでなかったこと、お知らせメールの設定をしてなかったことを聞き出すと、みずからの経験を明かしながら、こう話し始めたのだ。

「本当に迷惑メール開けちゃだめだよ。みんなも来るでしょ。気をつけてね。だってオレにも『櫻井翔』からメール来るんだから。オレによ、オレに櫻井翔からメール来るのよ。ごめん、だけどね、オレみんなにメッセージ送らないから。みんなに相談しないから、メールで。問題は自分で解決するタイプだから」

 と、警鐘を鳴らすことも忘れずに「架空請求詐欺」の被害を未然に防いだことを報告した。

「突然のことにオタオタするばかりの相葉、冷静に対処する松本、あおって相葉をイジって楽しむ二宮、不注意を叱責したあげく、ドヤ顔で観客に詐欺メールの注意喚起をするキャスター櫻井とそれぞれのキャラクターが色濃く出たエピソードでしたね」(ジャニーズウオッチャー)

 結局、5万人の観客にトホホな経験を明かし、相も変らぬ天然ぶりをさらした相葉であった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”