芸能

マトリが狙う個性派俳優Yとは?「東京五輪までに逮捕される」芸能人の顔ぶれ!

 6月5日、東京・霞が関にできた1266人もの長い行列が、社会的関心の高さを物語っていた。

「裁判所前にはテレビの中継車が何台も停まっていました。こんなに報道陣が集まったのは、3年前の清原和博(51)のシャブ裁判以来ですよ」(裁判ウォッチャー)

 この日は、3月に法律違反の薬物を摂取したとして逮捕・起訴されたピエール瀧被告(52)の初公判。2週間前の5月22日には元KAT-TUNの田口淳之介被告(33)と、内縁の妻である小嶺麗奈被告(38)がそろって法律違反の薬物の取締法違反容疑(所持)で逮捕されたこともあり、芸能界の薬物汚染を強く印象づけることとなった。

 社会部記者が言う。

「先月には、文部科学省のキャリア官僚を、やはり法律違反の薬物の取締法違反(所持)で現行犯逮捕していますが、ここまで大捕物が続くのは異例。東京五輪を来年に控えた今、風紀の引き締めを世間にアピールするために、見せしめで逮捕される有名人は、今後も出てくるはずです」

 捜査網の拡大がささやかれる中、徹底マークを受けているのが、過去に法律違反の薬物を肯定する発言で話題になった個性派俳優のYだ。警察関係者によると、

「昨年、国内にあるYの自宅マンションにマトリがガサをかけて空振りに終わったのは有名な話。しかしマトリはあきらめていない。日本帰国時、定宿にしているビジネスホテルがあって、そこでブツの取引を行なうともっぱらの噂。担当捜査員は『所持の現場を絶対におさえる』と息巻いていましたよ」

 ある芸能関係者は別の人気俳優の名を挙げた。

「『逮捕が近い』とささやかれている人物がいます。捜査関係者から流れてきたヒントが、『イニシャルがT』『18年にブレイク』なのですが、憶測が憶測を呼ぶ事態に」

 そんな中、売れっ子俳優Tにまつわる目撃情報が飛び込んできた。

「西麻布にGという芸能人御用達の会員制バーがあるのですが、昨年、そこでTが大暴れをしたというんです。このバーでは法律違反の薬物を摂取しても、目をつぶってもらえるのですが、Tの場合は薬物が効きすぎて前後不覚に陥り、『これは危ない』と出禁になったんです」(芸能記者)

 6月11日発売の「週刊アサヒ芸能」6月20日号では売れっ子芸能人にまつわるアブない噂を徹底追跡。次に逮捕される候補者リストをアブリ出している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?