芸能

不貞する気マンマン!?木下優樹菜“涙ボクロ”公開の「本当の意味」

 木下優樹菜が6月12日に更新したインスタグラムの内容に、ある指摘が殺到している。

 この日の木下は、〈どおでもいいこと〉としながら、〈右目の下にホクロできてた〉と、おどけた表情でのバストアップの自撮り写真を公開した。

「見ると確かに、小さなホクロのようなものがありました。気づかぬうちにホクロができることは誰にでもよくあることですが、《可愛い!》と称賛の声が上がっていましたね」(ネットウオッチャー)

 よく写真を確認すると実はそのホクロは右目ではなく左目の下にあり、そこへのツッコミも上がっていたのだが、木下のことだけにそれは置いておいて、気になるのはそのホクロアピールについてだ。

「SNS上でも《ひょっとして恋してる?》などという指摘が上がっていたのですが、いわゆる“涙ぼくろ”は占いの世界では総じて恋愛面を示していることは有名な話。一説には左目の場合、現時点でのモテることへの自覚や積極性を表しているとも言われ、木下もそうしたこうとは知っているのでは。つまり今回のホクロアピールは、旦那以外の男でも受け入れる気マンマンとも取れるんです」(夕刊紙記者)

 木下のインスタと言えば3月、その旦那・FUJIWARAの藤本敏史の存在をよそに、スタイリストの男性に寄り添う動画をアップしたことで批判を浴びている。

「他にも、すっぴん状態の顔アップや水着姿を披露し、まだまだ女性として見て欲しいというメッセージが強く伝わってきます。31歳、二児の母ではありますが、遊びたい盛りであることは変わらないようです」(前出・夕刊紙記者)

 藤本の心中を聞いてみたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」