芸能

ついに太川陽介も認めた!「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は「タクシー旅」

 テレビ東京としては異例の視聴率2ケタを連発し、局を代表する番組になった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。太川陽介と蛭子能収のコンビは、蛭子の体の衰えを理由に引退。俳優の田中要次と作家の羽田圭介にその座を譲った。だが、新コンビは評判も視聴率もいまひとつで、今年5月、太川と蛭子がバス旅に復帰した。

 復帰にあたり、新たなルールが追加されている。それは「上限1万円までならタクシーを利用できる」というもの。蛭子の体に配慮した結果だ。このルールがバス旅に思わぬ影響を及ぼしている。

「1万円あれば距離にして30キロ前後はタクシーに乗ることができます。30キロも乗れれば、これまでとはまったく違うルート選択が可能になってしまう。バスのルート選びが旅を成功させるカギだったのに、新ルールのせいでタクシーをどう利用するかが重要になってしまいました。これでは『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』とは言えないという声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 6月6日と13日の2回に分けて放送された「高尾山からめざせ諏訪湖」ではタクシーを、藤野駅から上野原駅まで、四方津駅から鳥沢駅、新中橋から甲斐大和駅、山口スクールバス停から小淵沢駅までと、計4回9970円分も使っている。

「おそらく番組制作サイドは、歩かなくてはいけない区間で緊急避難的にタクシーを使わせようとしたのだと思います。ですが、そこは旅慣れた太川ですから、タクシー利用を前提としたルートを選ぶようになりました。徒歩なら絶対に選ばないルートです。こうしてタクシーを軸としたルート選択になり、さながら『タクシー乗り継ぎの旅』といった内容になってしまったんです」(前出・テレビ誌ライター)

 16日放送の最後には、太川がそれを認める発言をしている。小淵沢駅で失敗が確定した後、太川は「どこかでボクがミスをしたんですね」と謝罪、続けて「タクシーの使い方だな」と話した。

「タクシー利用は他にも悪影響を及ぼしています。タクシーはバスと違って他の乗客がいません。バス旅の魅力のひとつが、バスの車内でのふれあいにありました。それが減っているわけです。バス旅の日程が3泊4日から1泊2日になり、ただでさえ『内容が薄くなった』と言われているのに、ふれあいまで減っては視聴者が離れてしまうかもしれません。ちなみにこれまでの放送では、番組の最後に乗ったバスの本数と乗車距離、バス料金の合計が表示されたんですが、今回はありませんでした。内容の薄さを隠したかったのか、あるいはタクシー旅になってしまったことを隠したかったのか。その両方かもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 新たなバス旅は今後どうなるのか。そして田中と羽田の新コンビのバス旅はあるのか。今後のローカル路線バス乗り継ぎの旅に注目が集まっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!