芸能

「科捜研の女」に平岡祐太の投入に垣間見える“全4クール”の試行錯誤

 ドラマにも当然、予算というものがある。4月からスタートしたテレビ朝日系の「科捜研の女」についても同様だが、今回は開局60周年記念作品、放送期間も1年間という長丁場であることから、通常よりも増額された可能性は高い。

「4クール連続での出演の拘束を考えれば、当然、主役の榊マリコを演じる沢口靖子の1話分のギャラも、上乗せがあって当然のこと。そんな中、5月30日の7話目と6月6日放送分の8話目は、科捜研のメンバー3人が休暇中という設定で、珍しく和歌山県白浜町にある『アドベンチャーワールド』を舞台にする地方ロケとなったのです」(テレビ誌編集者)

 その内容は、マリコたちが発生した事件について和歌山県警の立場を無視して捜査に動くというもの。7話の終盤で不審に見えていた男が京都で遺体となって発見され、続きは8話に持ち越すという流れだった。

「そこでいつもの準主役・内藤剛志演じる土門薫刑事の出番になりそうなところを、なぜか7話、8話とも登場することがなく、視聴者からは《土門さんどうした?》と、これを不安がる声が多く上がっていましたね。ただし一方でネット上が歓喜したのが、和歌山県警のイケメン刑事・熊谷馨役での平岡祐太の登場。《ワイルドすぎる!》と大騒ぎになっていました」(テレビウオッチャー)

 それもあってか、一時9%台まで下がった視聴率も、7話、8話と12%台をキープした。

「長く続くドラマには、必ず“新しい血”が必要になる。特に4クール連続では必ずマンネリが起こることから、そのテコ入れとして平岡を登場させたのでしょう。一方で、予算が増えているとしても、このご時世、たかが知れており、出演者のギャラに上乗せがあればそのぶん、どこかで削らなけれならない。地方ロケを2話分に引っ張ったのも、そのためかもしれません」(前出・テレビ誌編集者)

 60周年の企画は一見ド派手だが、現場は試行錯誤のようだ。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?