芸能

ビートたけしの名言集「自分のことしか考えないのが芸人だよ」

 つい先日、殿のレギュラー番組である土曜夜の生放送前の楽屋は、いつにも増して笑い声が絶えない空間でした。

 弟子のわたくしがこんな感想を入れるのもどうかと思いますが、この日の殿は明らかに“キレッキレ”でした。

 放送前、いつもどおりに繰り広げられる、殿とわたくし、そして番組スタッフさんとの雑談の中で、この日出たワードは「芸人の闇営業」「芸能人のいけない薬物問題」そして、あまり口に出して語ることのない「芸能事務所のマージン(タレントのギャラからいくら取るか)」についてなどなど。かなり危ないテーマだったせいか、完全にリミッターを解除した殿は、どのテーマにも、ここで活字にすることなどとても難しい、超ド級の毒舌持論とボケを炸裂させ、周囲を笑かせていました。そして、さんざんっぱら毒ガスを噴射したかと思えば、冷静な口調で、

「だけど俺たち(芸人はという意味で言ってるようでした)は死ぬまでこんなひで~こと言って喜んでんだな。こんなもん外の誰かに聞かれてみろ。死刑だよ。だけど、いくつになっても、こんなことしゃべって笑ってんだから、もう生き物としてどうしようもないな」

 と、自身にツッコむように総括したのです。

 そういえば殿は以前、

「もうよ、選挙権とかいらねーから、俺たちにはある程度好き勝手やらせてくれねーかな」

 と、愚痴のように言っていたこともありました。

 で、その後、滞りなく生放送を終えた殿は、着替えを済ませると場所を移動して恒例の来週の打ち合わせに入ったのですが、最初の20分程で来週のネタを決めると、“ここから先は雑談タイム”といった空気に変わり、ここでもキレッキレで、やはり活字にするのははばかられる毒ガスを炸裂させていました。

 ちなみに、この時の主な話題は「マスコミとタレント」です。

 そして二転三転した話題が、なぜか再び「芸人の闇営業」に戻ると、一人のスタッフさんが「やっぱり某芸能事務所はマージンが高いから、芸人さんは闇営業をやらざるを得ないのでしょうか?」といった疑問を提示し、さらに「芸人さんもみんなで協力して、マージンを下げてもらえるよう、事務所と戦えばいいのに」と意見を述べると、殿はすかさず、

「それは無理だよ。芸人なんて、みんなと協力できないからやってるんだから。だいたいが自分のことしか考えないのが芸人で、人のことなんてどうでもよくて、自分だけいい思いしたいヤツの集まりだから。もし協力しても、絶対抜け駆けして、裏切るやつが出てくるのが芸人だから。はなからみんなと協力なんてできないから芸人やってんだから」

 と、“芸人は特殊で、ある意味、人でなしな生き物である”と、殿が常々口にする持論を、改めて言い放ったのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!
4
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
5
ローラが下腹部の純白デルタをチラっと見え!“パン見せ疑惑”も浮上