芸能

宮迫博之“引退”にがん患者から「何やってくれた!」と悲痛な叫び!

 闇営業問題で謹慎中だった「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、事件の責任を取って引退を決断したという。反社会的勢力の忘年会に参加していたばかりか、「金塊強奪犯」との同席写真まで明らかになり、7月19日には所属事務所の吉本興業が契約を解消。もはや芸能界に居場所はなくなり、引退を余儀なくされる形となったと報じられたのだ。

 そんな宮迫に対しては、お笑い業界やテレビ業界、映画業界など様々な方面から批判の声が寄せられているが、中でも悲痛な叫びをあげているのが、がん患者やがん経験者を含む医療業界だというのだ。がん患者との交流を持つ医療系ライターが指摘する。

「宮迫は12年12月にスキルス胃がんにより胃の3分の2を摘出し、その後に芸能界への完全復帰を果たした“がんサバイバー”。復帰後はがん保険のCMにも出演するなど、がん治療の啓発において象徴的な役割を果たしていました。寛解の目安とされる術後5年を目前にした17年8月には不貞疑惑を報じられたものの、この時はまだ『女性にうつつを抜かすほど元気になった』と、無理やり擁護することもできました。しかし闇営業の一件が報じられ、それが術後2年に過ぎない14年末だったことが分かると、さすがに関係者からも『いったいどういうことなんだ!?』との批判が続出したのです」

 さらに7月19日発売の週刊誌「フライデー」では、同誌が「半グレ金塊強奪犯」で「前科3犯」であると実名で報じている人物との記念撮影写真を掲載。宮迫はその人物と一緒に飲んで小遣いをもらう「ギャラ飲み」をしていたと報じられた。そしてその時期がこれまた術後4年目の16年だったことがわかり、がん患者や医療関係者を重ねて呆れさせたのである。

「反社会的勢力との接触が一度ならず二度となると、関係者から『何やってくれた!』と怒りの声があがるのも当然でしょう。がん保険CMの発表会に出演したのは14年9月のこと。そのわずか3カ月後に闇営業をしていたのですから、がん患者たちの怒りたるや相当なものに違いありません。CMで競演した嵐・櫻井翔の顔にも泥を塗ったも同然ですし、芸能界引退を余儀なくされるのも、当然の措置と受け止められていることでしょう」(前出・医療系ライター)

 がんサバイバーには、罹病と回復を通じて人生観が変わったという人は少なくない。果たして宮迫は胃がんの罹患という経験から、何を学んでいたのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング