芸能

宮迫博之“引退”にがん患者から「何やってくれた!」と悲痛な叫び!

 闇営業問題で謹慎中だった「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、事件の責任を取って引退を決断したという。反社会的勢力の忘年会に参加していたばかりか、「金塊強奪犯」との同席写真まで明らかになり、7月19日には所属事務所の吉本興業が契約を解消。もはや芸能界に居場所はなくなり、引退を余儀なくされる形となったと報じられたのだ。

 そんな宮迫に対しては、お笑い業界やテレビ業界、映画業界など様々な方面から批判の声が寄せられているが、中でも悲痛な叫びをあげているのが、がん患者やがん経験者を含む医療業界だというのだ。がん患者との交流を持つ医療系ライターが指摘する。

「宮迫は12年12月にスキルス胃がんにより胃の3分の2を摘出し、その後に芸能界への完全復帰を果たした“がんサバイバー”。復帰後はがん保険のCMにも出演するなど、がん治療の啓発において象徴的な役割を果たしていました。寛解の目安とされる術後5年を目前にした17年8月には不貞疑惑を報じられたものの、この時はまだ『女性にうつつを抜かすほど元気になった』と、無理やり擁護することもできました。しかし闇営業の一件が報じられ、それが術後2年に過ぎない14年末だったことが分かると、さすがに関係者からも『いったいどういうことなんだ!?』との批判が続出したのです」

 さらに7月19日発売の週刊誌「フライデー」では、同誌が「半グレ金塊強奪犯」で「前科3犯」であると実名で報じている人物との記念撮影写真を掲載。宮迫はその人物と一緒に飲んで小遣いをもらう「ギャラ飲み」をしていたと報じられた。そしてその時期がこれまた術後4年目の16年だったことがわかり、がん患者や医療関係者を重ねて呆れさせたのである。

「反社会的勢力との接触が一度ならず二度となると、関係者から『何やってくれた!』と怒りの声があがるのも当然でしょう。がん保険CMの発表会に出演したのは14年9月のこと。そのわずか3カ月後に闇営業をしていたのですから、がん患者たちの怒りたるや相当なものに違いありません。CMで競演した嵐・櫻井翔の顔にも泥を塗ったも同然ですし、芸能界引退を余儀なくされるのも、当然の措置と受け止められていることでしょう」(前出・医療系ライター)

 がんサバイバーには、罹病と回復を通じて人生観が変わったという人は少なくない。果たして宮迫は胃がんの罹患という経験から、何を学んでいたのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?
5
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ