芸能

宇垣美里を襲うTBS「スキャンダル爆弾」の破壊力(3)PとDに対する顔が違った

 コーヒーぶちまけで降板した「あさチャン!」時代、彼女は明らかにプロデューサーとディレクターに対する顔が違っていた、ともっぱらの評判で、

「現場を仕切るディレクターから頻繁にダメ出しを受けていた一方で、オンエアだけ見るプロデューサーから『今日もよかったよ』と毎日おだてられて、かわいがられていました。その結果、ディレクターに対して『上の人が褒めているのに、なんであんたに言われなきゃいけないの』という態度を露骨に見せるようになったんです。しかも、そうした状況を裏でプロデューサーにチクッていたようです。こうした行動が反感を買い、『ディレクターに直接言えばいいじゃないか』『だからディレクターに嫌われるんだ』と、スタッフは口々にささやいていましたよ」(情報番組関係者)

 気に食わない敵が現れたら、その上司を味方につける。なんとも狡猾な手口である。

 宇垣は局役員とのランチや飲みに頻繁にお呼ばれし、上層部からは相当気に入られていたという。

「そうした環境が下っ端軽視につながって『台本投げ捨て』や『コーヒーぶちまけ』を招いたのではないかとみられているんです」(TBS社員)

 宇垣に軽んじられたスタッフは少なくなかった。なんと数年間にわたって彼女から徹底無視されたせいで、目に見える形で異変が生じてしまった40代のディレクターもいたという。宇垣と同世代のTBSスタッフが明かす。

「無視されたストレスで円形脱毛症にかかってしまい、それが日に日に拡大してしまった。周囲からは当初、宇垣からのストレスによる『10円ハゲ問題』と呼ばれていたんですが、抜け毛の部位が広がったせいで間もなく『500円ハゲ問題』と呼び名が変わったほどです」

 TBS時代の宇垣の悪評は、もはや「伝説」のように語り継がれている。こんな事件まであったそうだ。

「『無銭飲食事件』なんてのもありましたね。数年前、ある番組のスタッフらとの打ち上げの席でした。この日も彼女は機嫌を損ねたようなんですが、『お先に帰ります』のひと言もなしに、急にいなくなりました。スタッフの中には『宇垣が連れ去られた!』と勘違いして本気で心配する声もあったそうです。要は癇癪を起こして勝手に帰っていただけなんですが、勘定は払わず、とっとと出て行っていた」(TBS社員)

 いやはや、さすがは入社5年でフリーになるくらいはある。

 女子アナ評論家の春山マサハル氏は言う。

「古巣の怒りを買うほどの本音を連発している背景には、独立から日が浅いタイミングで、早く視聴者に大きなインパクトを与えねば、という意図が見て取れます。本人としても一種の炎上商法のつもりなのでしょう。今後も世間から飽きられないよう立て続けに問題発言、問題行動を連発するのは予測できます。そうであれば、敵を作る形ではなく、彼女が得意なコスプレで、武器である推定Gカップをアピールした過激な露出のグラビアに挑戦するほうがファンも増えるのに」

 もっともな話である。醜聞リークを恐れるくらいならば、古巣の男性社員たちを全て「悩殺」してしまうほどの覚悟を見たい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」