スポーツ

ザギトワが公開した「犬に変身」願望を掻き立てる“スゴ技動画”とは?

 そのバランス感覚と、クールなドヤ顔に羽生結弦もビックリしたはずだ。

 フィギュアスケートの平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワがインスタグラムで緩めたボトルのキャップを回し蹴りして回転させて開けるワザである「ボトルキャップ・チャレンジ」を2種類公開した。

 ひとつは、上半身アップからスタート。場所はスケートリングだ。画面手前、ザギトワの正面にあるペットボトルのキャップに向かって、ハイキック。スケートシューズの歯がキャップ部分をかすめる。その回転でキャップが回転し、ボトルから外れていく。ギザトワはといえば、ドヤ顔。そのクールな目元に見とれてしまいそうだが、スケートシューズで“ハイキック”を決め、上半身はまったく動かなかった。

「バランス感覚の良さ、足の動きに各国のフィギュアスケーターが感心していました。遊びとはいえ、ザギトワの運動神経の高さに驚いていました」(テレビ誌記者)

 しかし、世のオトコをとりこにしたのは、もう1つの映像だろう。ボトルキャップ・チャレンジに、愛犬のマサルとともに挑戦しているのだ。

“おすわり”状態のマサルを、ザギトワが後ろから抱きかかえている。その態勢のまま、マサルの右前足を持ち、左手に持ったペットボトルのキャップの部分に、マサルの肉球をあてた。そして、勢い良くマサルの前足を動かす。ボトルキャップが外れ、チャレンジは成功。ザギトワは満面の笑顔だが、マサルは何が起こったかわからず、キョトンとしている。そのしぐさがザギトワのハートに突き刺さったのか、ふたたびマサルを抱きしめた。

「日本国内で行われているアイスショーにザギトワも参加していますが、宇野昌麿とのペアで登場しました。演技を合わせる練習時間は少なかったのですが、息は合っていました。誰とでも合わせられる適応能力の高さでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今、そんな銀盤の女王を夢中にさせているのが、マサルのようだ。「マサルになりたい」と思ったオトコは少なくないはずだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから