芸能

ビートたけしの名言集「せんだみつおは相変わらずくだらね~な」

「こないだ、せんだみつおと十数年ぶりにあったんだよ。そしたら『コマネチってギャグ、俺がタケちゃんに3000円で売ったって噂があるんだけど、それ、本当だってことにしてくれないかな』なんて言うんだよ。3000円ってちょっとセコすぎるだろ。しかし、あいつは相変わらずくだらねーな」

 つい先日、殿の番組収録現場にせんだみつおさんがふらっと立ち寄り、冒頭のやりとりがあったと、殿はうれしそうに教えてくれたのです。

 不思議なもので、その十数年ぶりの再会のちょうど1週間程前、殿はなぜか思い出したように、

「せんだみつおなんて、もう何十年も闇営業だけで食ってんだから、大したもんだ」

 と、唐突に口にしていました。

 そんなせんださんとの久しぶりの遭遇に、会話はまだまだ弾みます。

「あいつよ、『タケちゃん、新しいギャグあるよ。買わない? 俺ん家はニコタマ(=二子玉、股間を指す)!』だって。くだらねーよ!」

 さらには、

「あいつと昔、『タケちゃん、俺、美空(ひばり)さんにかわいがってもらってるから、俺が行ったら夜遅くても大丈夫だから、今から美空さん家に行こう』って言うから、付いて行ったんだよ。それで、せんだが美空さんの家のピンポン押して『どうも、せんだです』って、インターフォンでやったら、女中さんが出てきて『何ですか、こんな夜中に。困るんですけど。どちらのせんださんですか? 帰ってください』って全然取り合ってもらえねーんだ

 それでも二人してピンポンピンポンやっていると、美空さん宅の隣がエジプト大使館だったようで‥‥。

「そこの警備が、2階から機関銃をこっち向けてニラんでたんだから。当時、あれだよ。エジプトが中東戦争でもめてて、厳戒態勢だったから、俺たちのことを怪しいヤツだと思ったんだ。あれにはぞっとしたよ」

 しかし、美空さんから中東戦争へと、なんて振り幅の大きい漫談でしょうか。

 この日は他にも「せんだほどケチはいない」という話で、「あいつは『タケちゃん、金貸すからおごってくれ』って言うんだよ」だの「俺の靴を履いて帰った」だのと、ネタのオンパレードでした。ひとしきり盛り上がったあと、わたくしが「殿が漫才ブームで出てくるちょっと前の元祖お笑いマルチタレントが、せんださんでしたよね」と、改めて確認すると、殿は、

「そうだよな。あいつは『うわさのチャンネル!!』なんかのバラエティでじゃんじゃんテレビに出てたからな。だから、あれだよ。あいつがちょっと調子悪くなって落ちてきた時と、俺たちが上がってきた時に交差してるから、一時はよく一緒になったけどな」

 と、冷静に振り返っていました。この日は、殿の最大級の褒め言葉である、「くだらね~な」が、最近では一番聞けた日でもありました。改めて、せんだみつおさん、恐るべし!

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン