芸能

芸能界「隠れ歌うま女王」最新番付(2)榮倉奈々は三味線準師範で得意曲は「黒田節」

 抜群の演技力を誇る女優や、パーフェクトなボディで魅了するグラドルたち。ところが、彼女たちには知られざる「もうひとつの武器」があった。それは、そこいらの歌手がハダシで逃げ出す歌唱力の持ち主であること! 三役の関脇から番付を進めよう。

     ※

 岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」が持ち歌なことで知られるのは、元フジテレビアナの高橋真麻だ。フジ時代には夏のイベント「お台場合衆国」で毎日、歌を披露するという離れ業も見せ、東関脇の座に。

「宝塚にあこがれ、ボイトレ経験もあります。独特のハイトーン・ボイス、ビブラートを利かせた歌唱で。ミュージカルやオペラ好きからは特に高評価されています」(芸能評論家・織田祐二氏)

 フリーアナとして稼ぎ頭になったのは、歌唱力の賜物である。

 西関脇には若手女優きっての実力派・満島ひかりが鎮座する。もともと三浦大知と同じ「Folder5」に在籍したことは知られているが、女優転向後は歌の活動は封印。

 それでも、「カロリーメイト」のCMで米米CLUBの「浪漫飛行」を口ずさむと、その凛としたボーカルが素晴らしいと話題になった。いずれ自身の主演ドラマの主題歌で歌手活動再びの可能性もあるだろうか。

 東小結の座は榮倉奈々が射止めた。

「三味線の藤本流準師範で、北海道民謡の『出船音頭』や福岡民謡の『黒田節』が得意で、それに合わせて民謡が特技であり、テレビ番組などでも披露したことあります。その実力は、元ちとせや夏川りみを彷彿とさせる歌声で、歌手デビューしても問題ないほどの歌唱力の持ち主ですね。中でも夏川りみの『涙そうそう』が十八番らしいです」(前出・織田氏)

 賀来賢人との結婚・出産で歌までの余裕はないだろうが、いずれ子育てが落ち着いたら本格的に取り組んでもらいたいものだ。

 三役力士としてはしんがりとなる西の小結には杏がラインナップ。かつて「堂本兄弟」(フジテレビ系)にゲスト出演した時は、槇原敬之とのデュエットで「どんなときも。」を披露。174センチのダイナミックなボディだが、歌声はどこまでも繊細で清らか。視聴者の多くが「ごちそうさん」とお辞儀したほどの美声であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性