芸能

生放送中に糾弾!N国党・立花孝志氏の“地雷”を踏んだマツコの窮地

 8月12日、タレントのマツコ・デラックスが毎週月曜日のゲストコメンテーターを務める「5時に夢中!」(TOKYO MX)の生放送中、NHKから国民を守る党(以下、N国党)党首の立花孝志氏がスタジオの外に現れ、マツコを大糾弾したことが波紋を呼んでいる。

 事の発端は同番組の7月29日の放送で、マツコが立花氏とN国党について「一体これから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」、さらに参院選で票を伸ばした理由を「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなあとは思う」、さらには「ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。NHKぶっ壊す教みたいな」などとコメントしたことに始まる。

「これを受け、一部スポーツ紙の取材を受けた立花氏は『マツコをぶっ壊す』と激怒。しかし、8月5日放送の『5時に夢中!』ではこれに触れなかったことから、自身のユーチューブ動画で『逃げるの?かっこわるいね、人の悪口は自由だが一方的にいうならスタジオに呼べば』『(マツコが)NHKやらCMやらでいくらもらってると思ってるんだ』『お前のほうが気持ち悪いよ』『マツコはテレビ局の犬。ワンワンワン』と痛烈にこき下ろしたのです」(テレビウオッチャー)

 そして12日、立花氏は呼ばれないなら自分から出向くとばかりに生放送中のスタジオ前に現れ、「公共の電波で投票してくれた人の気持ちを侮辱するのは許されない」と、集まった聴衆に大演説。警察も出動する騒ぎとなったのだ。

「結局、立花氏はマツコと対面ができなかったようですが、番組終了後、マツコについて報道陣に対し、『パニックらしい。番組を降りるそうです。間違いを認めたということ』とし、マツコが次回も出演するようならまた来ると宣言していましたね」(前出・テレビウオッチャー)

“降板”に関して局側は否定しているようだが、ネット上の反響は大きく、電撃訪問の様子を伝えた動画は再生回数23万回を超えている。

「マツコの場合、これまでズバリの物言いで視聴者の人気を集める一方、現場では出演メンバーや雰囲気に合わせた言動を取れるため重宝され続けてきたことから、その発言内容が時に行き過ぎて視聴者の反感を買うことが多々ある。今回の『5時に夢中!』でも同様の事態が起きたと言えますが、立花氏の“犬”指摘は痛いところを突いており、SNS上でも同調する声が広がっています。マツコとしては今後、非常にやりづらい状況になるのでは」(芸能記者)

 完全に地雷を踏んでしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」