芸能

後藤真希 不貞騒動でイメージダウンもインスタは好調?

 元カレとの不貞トラブルで裁判ざたになった元「モーニング娘。」の後藤真希(33)。現在はSNSを再開し、フェロモン色香でファン獲得作戦を決行していた!

〈皆さんの応援に応えられるよう、私に出来る事を一生懸命頑張ります! これからもよろしくお願いします〉

 7月1日、自身のインスタグラムで「復帰宣言」をしたのは、今年3月に「週刊文春」で不貞裁判をスッパ抜かれた後藤だ。

 記事では、夫のA氏が後藤と不倫関係にあった元カレのB氏を相手取り、330万円の損害賠償を請求する訴訟を起こしていたことが明かされている。

「陳述書の中で後藤は、アパホテルや錦糸町のラブホテルで肉体関係を持ったことを認めています。B氏は後藤が夫からDVやモラルハラスメントを受けていると相談されていたこともあって、真剣交際のつもりだったようです」(芸能記者)

 それでも後藤は報道後にブログを更新し、DV疑惑を否定。ドロ沼裁判は6月になって和解が成立し、後藤は離婚せず、夫婦生活を続ける道を選んでいる。

 騒動の余波で活動休止状態だったが、冒頭の宣言どおり、本格的に仕事を開始していた。だが、

「それでも不倫騒動の影響は深刻で、仕事のオファーはほとんどないようです」(芸能記者)

 芸能ジャーナリストの松本佳子氏もこう話す。

「2児の母である後藤はSNSでの発信が好感度を得て、17年に『ベストマザー賞』を受賞するなど、ママタレとして人気でしたが、和解が成立してもイメージ回復はできていません。DVの真相はわかりませんが、裁判ざたになっても離婚しないのは腑に落ちないし、不倫の責任も取らず、潔さもありません。ママタレは飽和状態ですでにポジションはなく、タレント生命は終わった感じがします」

 がけっぷちまで追い込まれた後藤は、唯一の「仕事」であるインスタグラムでたびたび、プライベートの私服姿を公開している。

「毎回2万件前後の『いいね!』がクリックされています。それというのも、タイトなワンピースで胸の形を強調したり、無防備なうなじを見せつけるなど、不倫報道前よりフェロモンがあふれ出ているんです。続けていれば、アイドル時代のように男性ファンが戻ってくるかもしれません」(芸能記者)

 全開エロスは本格復帰への起死回生の一手となるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情