芸能

正直だけど…山本彩、「BLにハマったきっかけ」告白も漫画ファンが厳しい指摘

 ファンであれば嬉しいところだが、あまりにも具体的すぎた?

 元NMB48の山本彩が8月23日に放送されたラジオ番組「山本彩 カケル」(CROSS FM)に出演。自分の趣味であるBLについて語っている。

 かねてより山本はBL好きを公言していたが、今回リスナーから「最初のきっかけになった漫画とかDVDとかあるのですか」という質問が寄せられ、山本は「ようこそ、ようこそ?いや、よくぞ送ってくださいました」と嬉しそうにコメントし、BLについて語りたくて仕方がない様子を見せていた。続けて、BLが「ボーイズラブ」の略で男性同士の恋愛を表していることを説明したうえで、「私…まあもう、中学生頃でしょうか。から、ボーイズラブを深く敬愛しておりまして。敬愛ですよ、もうあれは」と話し、中学生頃から関心を持ったようだ。

 ボーイズラブを好きになったきっかけについては「勝手に姉の趣味嗜好を言って申し訳ないんですけど、姉がそもそも好きで、集めてて」「私が勝手に姉の部屋に入って、姉がいない間にマンガを漁るっていうのをよくしてたんですね」と語り、どうやら姉が所有する関連漫画を読んだことでその道に足を踏み入れたようだ。

 さらに「いろんな作者さんの、もともとあるアニメとかマンガのキャラクターを使ったボーイズラブやガールズラブ、みたいな冊子がありまして。そこに『ワンピース』の“ゾロ×サンジ”っていうボーイズラブが、“ゾロサン”のボーイズラブがありまして」と、具体的な作品名まで出して語っていた。

 初めて読んだ時の心境については「最初見た時は、ボーイズラブの本だと思わなくて読み始めたら、ボーイズラブで衝撃を受けたんですけど、それと同時に、それが中学生の時だったんですけど、すごく興味が湧きまして。そこからこれはなんだ、未知の世界に踏み込んでいくおもしろさみたいなのから、どんどんのめりこんで」と振り返っており、もともとは少女漫画が好きだったそうだが、以降はBLにドハマりしているとのこと。

 BLについてこれでもかというぐらいに熱く語ってくれたことでリスナーとしては大満足だろうが、今回の山本の発言内容は公共の電波で話すべきではないと指摘する声も目立っている。

「山本がハマったきっかけが世界的有名作品の『ワンピース』の二次創作物とあって、『ワンピース』のファンや山本と同じBL好きからは『原作者に迷惑かかりかねないので、二次創作関係はもう少し慎重に発言するべきでは?』『具体的な作品名やキャラ名は言うのはダメだよ。二次創作物は隠れて楽しむのが暗黙の了解』『一般人じゃないんだから影響力大きいことを自覚して』など、具体的な作品名を出すべきではないといった意見が多数見られています。山本としては過去には『ワンコ攻めが好き』とラジオで語っていましたし、ファンサービスで正直にその経緯を話したまでのことですが、ラジオで語るには少々限界があったのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに同ラジオ番組は今月9日からスタートしたばかりとあって、山本も気合が入っていたことも分かるだけに、良かれと思ってのぶっちゃけトークだったはず。自身のファンを喜ばせようという気持ちも伝わってくるが、今後は発言内容も配慮する必要があるだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
2
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬