政治

韓国が「世界中で嫌われる」ヒンシュク実態(2)「韓国人は共生できない民族」

 世界の主要都市に点在する「コリアンタウン」に対する不満の声は根強い。世界情勢に強いアナリストが証言する。

「韓国人の移民コミュニティー内には決まって“女性が性を売る宿”が存在して、現地住民とトラブルになるケースが多い。しかもお国柄か、立ちんぼスタイルがもっぱらで、ホテルを利用せずにビルの路地裏で行為に及ぶ不届き者もいる始末。使用済みの“妊娠を避けるゴム製品”を当たり前のようにポイ捨てするので地元民に嫌われています。現地の女性を雇うケースもあるようですが、メインで働くのは出稼ぎに来た韓国人女性です。アメリカでも数年前に韓国人のそうした性を売る闇ビジネスを行うグループが逮捕された事件がありましたよね」

 さらにランキング上位の国からは、サムスンに代表される財閥企業の海外進出により、さまざまな軋轢が生じていることが報告されている。

「韓国企業は、自動車や電子部品の工場を中南米に設立して生産拠点にしています。そこで、現地の人を労働者として雇うのですが、上司にあたる韓国人からのパワハラが当たり前のように横行しているのです。給料は地場の企業よりも多くもらえるようですが、ラテン系の社会では異質感を拭えない。メキシコでは『共生できない民族』と酷評されています」(室谷氏)

 極め付きは、素行の悪さで知られるスポーツでの悪辣行為の数々だ。スポーツ紙サッカー担当記者が明かす。

「02年に開催されたサッカーの日韓ワールドカップでの快進撃で韓国サッカーは注目されましたが、ポルトガル、イタリア、スペインといった格上の強豪国を破る一方、たび重なるラフプレーや素行の悪さもまた世界中のサッカーファンの知るところとなりました。特にドイツは準決勝で韓国と対戦した際に『ヒットラーの子孫は去れ!』と韓国人サポーターから心ないヤジを飛ばされたことがある。これまで認識のなかった東アジアの小国の態度としてはきわめて不遜に映ったことでしょう」

 また海外旅行でのマナーの悪さも、旅行代理店関係者の間では知られた話だ。

「現地の飲食店に自国からキムチや韓国焼酎を持ち込むのは当たり前。観光地に平気で唾や痰を吐いたりと、本当にやりたい放題なんです。“郷に入れば郷に従え”が通じない国民性なので、観光案内スタッフも頭を抱えています」

 世界中で嫌悪のタネをまき続ける韓国。国際社会でヒンシュクを買った国を待ち受けるのは、衰退でしかないことは歴史も証明するところ。もはや、かの国につける薬はないのか!?

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”