芸能

HiHi Jets橋本涼・作間龍斗“3カ月活動自粛”に「甘すぎる!」の声

 ジャニーズ事務所は9月10日、HiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗を、年内いっぱい活動自粛させることを公式サイトの「ジャニーズネット」で発表したが、これに〈甘すぎる!〉の批判が殺到している。

「9月に入ってから、橋本と見られる男性がベッドで女性と添い寝している写真と、作間と見られる男性が赤ら顔でひとり寝している写真が拡散したことを受けてのものでした。ジャニーズは2人に聞き取り調査を行ったそうで、《公開された写真が本人であることを2人とも率直に認めた》とし、反省を促すため芸能活動を自粛させることにしたといいます」(芸能記者)

 しかし、この発表に対しネット上では〈年内ってたった3カ月だけの自粛?〉〈脱退か退所が妥当だろ〉など、厳しい意見が止まらない。というのも、橋本と作間には未成年飲酒疑惑まで浮上していることから、〈過去には飲酒や喫煙で解雇されたジュニアもいたのに…〉と納得のいかないファンが多いためだ。

「今回の暴露は、非常にイメージが悪い。橋本と一緒に写真に写るAさんと、これをバラ撒いたBさんの2人の女性が、それぞれインスタライブで生配信しているのですが、Aさんは、橋本と交際していたことや、作間とも肉体の結びつきがあったことを話しており、BさんはAさんと橋本、作間が飲酒していたことまで打ち明けているのです(Aさんは飲酒を自分一人だと説明)」(夕刊紙記者)

 ただし、AさんとBさんはネット上で知り合った間柄で、直接の面識はなく、橋本のファンだったBさんがAさんにSNSで接触し、仲良くなったという。

「そんな中、AさんがBさんに橋本や作間との関係を話し、写真も送っていた。これに嫉妬したBさんが、ネット上に写真をバラ撒いたようなのです」(芸能レポーター)

 HiHi Jetsは20年に同時デビューが決まったSixTONESとSnow Manの次の世代を担うJr.ユニットとして人気も高く、現役高校生の作間は今年4月から放映されている三井のリハウスのCMにも息子役としても出演している。

「ジャニーズ公式ページの今回の発表では、飲酒疑惑についてや、調査の継続にも触れられていません。もし飲酒が事実となれば2人を解雇せざるをえない事態となり、賠償責任にも発展する可能性も出てくる。そのため、3カ月の活動自粛で様子を見ることになったのでは」(芸能記者)

 HiHi Jetsといえば、つい先日、メンバーの猪狩蒼弥がファンに向け“日本破壊”ツイートを促すというお馬鹿な行動により謝罪に追い込まれたばかり。彼らの育成を任されている滝沢秀明氏の手腕が問われる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」