芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(9)紺野美沙子が地上波で晒したバストトップ

 1979年の「マー姉ちゃん」のヒロインを務めた熊谷真実も、歴代ヒロインが登場したことが話題になったNHK朝ドラ「なつぞら」で、残念ながらお目にかかれなかった一人だ。

 2012年に18歳年下の書道家男性と再婚(最初の夫は劇作家のつかこうへい氏)して注目されて以降、話題にのぼることは少ないが、質の高い舞台に映画にと活動中だ。

「87年の映画『女衒 ZEGEN』での艶演技を披露しています。はだけた浴衣からのバストは推定Cカップ。生々しく色っぽいシーンにコーフンさせられました。そんな彼女も59歳となりましたが、今年4月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に夫婦そろって出演した姿を見ると、まだ若々しく元気いっぱいでしたね」(ワイドショー関係者)

 一方、80年の「虹を織る」のヒロインを務めた紺野美沙子は今、女優としての活動よりも環境問題や震災復興への取り組みに熱心だ。

「清純派ひと筋の彼女でしたが、80年代には男性誌でバストの先端部分が透けたショットを披露していました。83年、テレビ朝日系の月曜ワイド劇場『血液型なんて怖くない』でも、なんと地上波にしてバストトップまで御開帳。ドラマで人気女優の美身が見られたいい時代でしたね」(芸能記者)

 学園ドラマのヒロインとして大人気となり、84年の「心はいつもラムネ色」でヒロインを務めた藤谷美和子の場合は、今後も朝ドラ再出演も難しいところか。

「様々に奇行が伝えられており、女優活動は行っていません。『心はいつも──』と同年の映画『海燕ジョーの奇跡』では、時任三郎にもみくちゃにされる中、一瞬ながらバストトップも初披露しています。もともと女優魂のある彼女への評価は、今も決して低くない。復帰を待望するファンはいまも多いのですが」(映画ライター)

 若き日の彼女たちの輝きは、今の広瀬すずにも決して劣らぬものであった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
2
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
5
乃木坂46山下美月、「黒板中に悪口」壮絶イジメ体験を初激白に驚きの声