芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(9)紺野美沙子が地上波で晒したバストトップ

 1979年の「マー姉ちゃん」のヒロインを務めた熊谷真実も、歴代ヒロインが登場したことが話題になったNHK朝ドラ「なつぞら」で、残念ながらお目にかかれなかった一人だ。

 2012年に18歳年下の書道家男性と再婚(最初の夫は劇作家のつかこうへい氏)して注目されて以降、話題にのぼることは少ないが、質の高い舞台に映画にと活動中だ。

「87年の映画『女衒 ZEGEN』での艶演技を披露しています。はだけた浴衣からのバストは推定Cカップ。生々しく色っぽいシーンにコーフンさせられました。そんな彼女も59歳となりましたが、今年4月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に夫婦そろって出演した姿を見ると、まだ若々しく元気いっぱいでしたね」(ワイドショー関係者)

 一方、80年の「虹を織る」のヒロインを務めた紺野美沙子は今、女優としての活動よりも環境問題や震災復興への取り組みに熱心だ。

「清純派ひと筋の彼女でしたが、80年代には男性誌でバストの先端部分が透けたショットを披露していました。83年、テレビ朝日系の月曜ワイド劇場『血液型なんて怖くない』でも、なんと地上波にしてバストトップまで御開帳。ドラマで人気女優の美身が見られたいい時代でしたね」(芸能記者)

 学園ドラマのヒロインとして大人気となり、84年の「心はいつもラムネ色」でヒロインを務めた藤谷美和子の場合は、今後も朝ドラ再出演も難しいところか。

「様々に奇行が伝えられており、女優活動は行っていません。『心はいつも──』と同年の映画『海燕ジョーの奇跡』では、時任三郎にもみくちゃにされる中、一瞬ながらバストトップも初披露しています。もともと女優魂のある彼女への評価は、今も決して低くない。復帰を待望するファンはいまも多いのですが」(映画ライター)

 若き日の彼女たちの輝きは、今の広瀬すずにも決して劣らぬものであった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
4
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは