芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(9)紺野美沙子が地上波で晒したバストトップ

 1979年の「マー姉ちゃん」のヒロインを務めた熊谷真実も、歴代ヒロインが登場したことが話題になったNHK朝ドラ「なつぞら」で、残念ながらお目にかかれなかった一人だ。

 2012年に18歳年下の書道家男性と再婚(最初の夫は劇作家のつかこうへい氏)して注目されて以降、話題にのぼることは少ないが、質の高い舞台に映画にと活動中だ。

「87年の映画『女衒 ZEGEN』での艶演技を披露しています。はだけた浴衣からのバストは推定Cカップ。生々しく色っぽいシーンにコーフンさせられました。そんな彼女も59歳となりましたが、今年4月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に夫婦そろって出演した姿を見ると、まだ若々しく元気いっぱいでしたね」(ワイドショー関係者)

 一方、80年の「虹を織る」のヒロインを務めた紺野美沙子は今、女優としての活動よりも環境問題や震災復興への取り組みに熱心だ。

「清純派ひと筋の彼女でしたが、80年代には男性誌でバストの先端部分が透けたショットを披露していました。83年、テレビ朝日系の月曜ワイド劇場『血液型なんて怖くない』でも、なんと地上波にしてバストトップまで御開帳。ドラマで人気女優の美身が見られたいい時代でしたね」(芸能記者)

 学園ドラマのヒロインとして大人気となり、84年の「心はいつもラムネ色」でヒロインを務めた藤谷美和子の場合は、今後も朝ドラ再出演も難しいところか。

「様々に奇行が伝えられており、女優活動は行っていません。『心はいつも──』と同年の映画『海燕ジョーの奇跡』では、時任三郎にもみくちゃにされる中、一瞬ながらバストトップも初披露しています。もともと女優魂のある彼女への評価は、今も決して低くない。復帰を待望するファンはいまも多いのですが」(映画ライター)

 若き日の彼女たちの輝きは、今の広瀬すずにも決して劣らぬものであった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!