エンタメ

どぶろっくの下ネタで見えたスマホ時代の新しい光景とは?

「ねえねえ、イチモツってなに?」

 この週末には、清らかなまなざしでこんな質問を親にぶつける子供の姿が日本中で見られたようだ。9月22日に生放送された「キングオブコント2019」(TBS系)において、結成16年目のお笑いコンビ「どぶろっく」が優勝。その勝負ネタは寓話風の寸劇に乗せて、神様に「大きなイチモツをください~♪」との願いを熱唱するというド直球の下ネタだったのである。

「子育て中の親世代からは、子供がイチモツという単語に興味を持って困るという声も出ていますが、そもそも子供はウンとかチンとかいうネタが大好き。ヘタに隠そうとするほど泥沼にハマるので、最初からそう教えてしまったほうがすぐにブームも過ぎ去るはずです。そもそもこの手の下半身ネタが子供に人気を博すのは昔からあることで、それこそドリフターズもそうですし、レイザーラモンHGの『フォーッ!』もポーズ込みで流行ったもの。それで何か悪影響があったでしょうか?」(芸能記者)

 ただ今回のどぶろっくの場合、ドリフターズやHGの時代とは決定的に異なる現象が散見されたという。それはスマホ時代ならではの光景だったというのだ。

「質問しても親に言葉を濁された子供たちは、こっそりと《Hey, Siri! イチモツって何?》とスマホで調べているのです。ちなみにSiriは《イチモツはホニャララのことです》といった直球の答えを避け、生真面目にネット検索の結果を表示。どぶろっくは取材で『真心のこと』と答えていましたが、2019年の現在はその“真心”さえスマホで調べる時代なのでしょう」(前出・芸能記者)

 中には駅や空港で子供たちが「イチモツをください!」と歌い出し、事情を知らない大人が驚く場面もあったという。そんな時、ヘタにたしなめるのは逆効果だということもまた、覚えておきたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!