芸能

戸田恵梨香「朝ドラ」に懸けた「男捨離と5kg増量」(2)CM殺到で二階堂ふみも参戦

 恋多き女優が「男捨離」を決行してまで臨む朝ドラ。その役作りにおいてもなみなみならぬプロ根性を見せていた。ドラマ関係者が明かす。

「大人びたルックスの戸田が10代の女性を演じるのは、成人して以降初めてのこと。昨年秋クールの『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)では、難病に冒される女医を演じ、体重をギリギリまで落としたそうですが、そこからふっくらした少女に変身するために、5キロも増量したそうです。太りにくい体質なので、相当、苦労したと思いますよ」

 所属事務所のバックアップも万全なようで、

「長年にわたって、戸田の公私両面を支えてきた女性マネージャーが『かわいい写真はダメ』と、メディアに笑顔禁止令を出したんです。雑誌などのインタビューで写真チェックをする際、歯を出して笑っているカットは全てNG。実は今回の朝ドラの主人公には、結婚して出産後、旦那に逃げられるというシリアスな展開が待ち構えています。かわいいキャラクターを封印することで、視聴者が朝ドラに感情移入しやすくするためのイメージ戦略の一環です」(グラビア関係者)

 是が非でも「スカーレット」を成功させたい。そんな熱意がヒシヒシと伝わってくる。

「朝ドラといえば多くの無名女優を売れっ子に育ててきた登竜門。ところが、来春放送予定の『エール』では、二階堂ふみ(25)がオーディションに参加してヒロインの座を射止めるなど、人気も実績もある女優がこぞって出演するという“逆転現象”が起きているんです。というのも、朝ドラのヒロイン役はクリーンなイメージが定着して、CMのオファーが殺到するため。実際、『花子とアン』の吉高由里子(31)、『ひよっこ』の有村架純(26)は、多くのスポンサー契約をゲットしました」(竹下氏)

 朝ドラヒロインからCM女王への道も開けてきたようだ。木村氏もこう言って太鼓判を押す。

「新垣結衣(31)や石原さとみ(32)といった人気女優がひしめく黄金世代にあって、時には主役ではなく、2番手、3番手の役に甘んじることもありましたが、演技力は以前から評価されていました。今作と同じくNHK大阪放送局の制作だった前々作『まんぷく』の安藤サクラ(33)のように、女性層の支持を得て、女優としてのステイタスを上げるのは間違いないでしょう」

 多くの男にコネられて、増量&若作りで挑んだ陶芸ドラマ。ムッチリボディの焼き上がりに注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?