スポーツ

「ラグビーW杯」大成功の一方で悔しがる!?“五輪のドン”の心中とは

 日本チームの活躍ももちろんだが、他国の大男たちが魅せる肉弾戦に日々盛り上がる、ラグビーワールドカップ。日本ではサッカーや野球に比べ馴染みのないスポーツゆえ、当初は失敗に終わるのではないかと心配されもしたが、結局は杞憂に終わり、大会関係者もホッとしているだろう。が、1人だけ、関係者の間で「悔しさで歯ぎしりしているのでは」とされているのが、元ラグビー協会名誉会長の森喜朗氏である。

「“森氏といえばラグビー”と言われるほど縁があり、2005年から15年まで日本ラグビー協会会長を務め、その後も名誉会長として今大会の招致に尽力しました。ところが今年4月17日に、突如退任を表明したんです。体調の問題かとも言われましたが、東京五輪・パラリンピック競技大会の組織委員長はまだ続けている。ラグビーに人一倍の情熱を持ってるゆえに、失敗した時の責任を感じて先走りしてしまった、とも噂されました」(スポーツ紙記者)

 15年にイングランドで行われた前回大会で、日本は過去2回の優勝経験を持つ南アフリカを撃破したことで、ラグビー熱は一気に上昇。五郎丸歩というスター選手も生まれた。大会関係者はこう言う。

「しかし一方で、毎年、花園ラグビー場で全国大会が開催される高校ラグビーは大手スポンサーがすでに降り放送枠が縮小した状態。大学でも早慶戦、早明戦という人気カードはあるものの、全国区とまではいかないところで留まっていた。それが一転、W杯開始以降、日を追うごとに熱は増し、日本戦では視聴率は爆上がり。街のスポーツバーも大混雑しているという。もちろん日本代表の強さが過熱ぶりを呼んでいることは間違いなく、盛り上がりも一過性である可能性はありますが、少なからず日本人のラグビー人気の底上げになったことは間違いない。森さんとしても。そんな状況を前に『オレのおかげだ!』と胸を張って言いたかったに違いありません」

 ともあれ、もうしばらく日本の快進撃に酔いしれたいものだ。

(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察