スポーツ

ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到

 平均視聴率41%。国民的関心事となった10月20日のラグビーワールドカップ「日本×南アフリカ」の準々決勝。スタジアムやファンゾーン、そしてテレビの前の声援に応えるように、グループリーグから全力で4試合をこなした満身創痍の日本代表が力を振り絞ったが、最後は及ばず。優勝候補の南アフリカの前に涙の敗戦となった。

 それでも、決戦終了後のスタジムは感動のウズに。この大会で恒例となった、両チームのスタンドに向けての「お辞儀」には万雷の拍手。選手たちの子どもたちがピッチに入っての感動的な親子対面や、記念写真を撮る代表選手たちを最後まで見届けようと、笑顔で手を振るファン、涙を拭うファンなど、そのほとんどが観客席を離れようとしなかった。

 そして、この試合で圧倒的なパフォーマンスを見せてPOM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたのが南アフリカ代表SHのデクラーク選手。そんな彼のインタビューが行われる中、トロフィーを渡すために突然登場したのが、X JAPANのYOSHIKIだったことで場内は一躍騒然。「なんでYOSHIKI?」「えっ、ウソ?」という驚きの声が起こったのだとか。

「POMの表彰には、日本対スコットランド戦で大坂なおみ選手が登場したりとサプライズもありました。この日も日本中が注目した一戦ということでYOSHIKIさんだったんでしょうね。なぜ?という声がたくさんあったのですが、このPOMはオフィシャルスポンサーのマスターカードが選出する賞で、YOSHIKIさんはハローキティとのコラボで特製カードにも登場するなどの縁があっての人選だったと思います。でも場内のどよめきは決して歓声だけではなく、会場でもテレビの前でも実は失笑も多かったようなんです。ネット上には『シラけた』『何でも出てきやがるな』『感動が一気に醒めた』『デクラーク選手に失礼』といった声が大量にアップされましたね」(週刊誌ライター)

 では、なぜYOSHKIが失笑を買ってしまったか。まず、トレードマークとはいっても、最優秀選手にトロフィーを渡す栄誉ある役目で真っ黒なサングラスをずっとかけたままだったこと。これには場内でも「なんで偉そうにグラサンかけてんの?」「いくらなんでも失礼だと思う」「デクラーク選手は一応笑ってるけど、目が『誰だコイツ?』って言ってるよ」という声が。また、メディア向けYOSHIKIは選手との2ショットを撮るカメラマンに向けてサービス(?)のXポーズ。でも、これも「知らない人が見たらバツにしか見えない」「南アにダメ出しポーズしてるみたいですけど」「南アでも有名なの?何様だと思ってるの?」と、いつも持ち上げられてばかりのYOSHIKIには珍しいネガティブコメントばかりとなってしまった。

「今回のラグビーワールドカップは、フジテレビのバレーボールなどと違い、芸能人色を極力廃して、競技にフォーカスするメディア展開が多くの人たちに支持されました。スポーツに飾りのような芸能人はいらないという声がすごく威力を発揮したイベントとなりましたね。この日は会場に俳優の渡辺謙さんも来ていてカメラに抜かれましたが、湧いたのは一瞬だけ。観客もみんな試合に集中していました。それが、最後の最後に選手より目立つサングラスとXポーズですから、『台無しになった』と批判する声が多かったのだと思います」(前出・週刊誌ライター)

 エリザベス女王にさえもお近づきになれるYOSHIKIも、今回だけは「ほんと邪魔なんですけど」(SNS上の声)といったストレートな国民の声を胸に刻んだほうがいいかも。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
バックから抱きしめられてアヘ顔!石田ゆり子の抱擁ショットが艶すぎるッ