芸能

どぶろっく、ダウンタウンより前に事務所の大先輩を「イチモツ」で爆笑させていた!

 お笑いコンビの「どぶろっく」が10月25日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。9月21日に決勝戦が開催された「キングオブコント2019」において、みごと優勝した時の思い出話に花を咲かせた。

 そのキングオブコントで審査員を務めたダウンタウン・松本人志は、ファーストステージにてどぶろっくに出場10組中で最高となる96点の高評価を与えていた。それゆえどぶろっくの二人も松本には深く感謝しているはずだが、実は決勝戦で披露したネタは、ここが初出しではなかったというのである。

「どぶろっくが披露した“イチモツ”ネタでは、別の番組でも優勝を飾った実績があります。12月3日に放送された『シモネタGP2018シモ半期』(AbemaTV)の最終回。3時間におよぶ生放送で16組の芸人が芸を競う中、どぶろっくが2537点vs2534点という僅差でタイムマシーン3号をかわし、優勝を果たしていたのです」(テレビ誌ライター)

 このシモネタGPではケンドーコバヤシがMCを務めており、そのケンコバが「もっと大きな大会でやってもいいネタ」と勧めたことで、どぶろっくはキングオブコントへのエントリーを決めたという。そしてどぶろっくにとっては事務所の大先輩を爆笑させられたことも、大きな自信に繋がったに違いないという。

「シモネタGPでは浅井企画の大先輩で芸歴45年の関根勤が審査員の一人を務めていました。その関根はお笑い第二世代にあたり、第三世代の代表格であるダウンタウンよりも先輩。つまりどぶろっくのネタは二つの世代から認められた形です。一方でシモネタGPでは大林素子や丸山桂里奈ら女性タレントも審査員を務めており、大林が大きな口を開けて爆笑するシーンも。世代や性別を超えて通用する斬新なシモネタを、どぶろっくは開発したといえるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 そんなどぶろっくは地方の営業でも下ネタを披露しては、会場を爆笑の渦に巻き込んでいるという。もし近所にどぶろっくが営業に来たら、待望のイチモツネタを楽しむことができるはずだ。

(金田麻有) 

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「服からバストがこぼれそう」最新写真に“過去最高艶度”の声!
2
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
西内まりやがココまで脱いでいた!「全裸監督2」騎乗シーン再現